l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【女医ドル】ホワイトニングできれいな白い歯を目指す


【女医ドル】ホワイトニングできれいな白い歯を目指す

白い歯ってすてきですね。ではどのように歯を白くするかご存じですか。

 着色汚れを落とすときれいになり、歯は白く見えます、ただ、どんどん汚れを落とそうとゴシゴシ磨きすぎると、汚れだけでなくエナメル質まで削れ、下層の象牙質の黄色い色が透けて逆効果で取り返しがつかなくなることもあります。

 「歯を白く」とうたう日本の歯磨き粉は、着色汚れを落とすもので「歯を白く漂白する薬剤」を含むものは実は市販されていません。

ホワイトニング剤は歯科医師の処方で取り扱うため本気で歯を白くしたいなら、自己流ホワイトニングはやめて、まず歯医者さんで相談することをお勧めします

 ホワイトニングに用いる薬剤の主成分は過酸化水素水です。過酸化水素水には色を分解する力があり、歯を溶かして白くするわけではありません。消毒薬として知られているように、人体に害はありません。

 ホワイトニングの方法として「オフィスホワイトニング(歯科医院に通院して一気に行うホワイトニング)」、「ホームホワイトニング(自宅で好きな時間にゆっくり行うホワイトニング)」、もしくはそのどちらも併用する「デュアルホワイトニング」がありますので、歯科医院で相談のうえ選んでください。

 歯科医院に来院すると、まずホワイトニングに適した歯かどうか、ホワイトニング以外の処置が必要かどうか、知覚過敏かどうかなどチェックを行い、費用や期間など相談したのちに治療スタートです。

 詰め物やかぶせものは歯と同時に漂白されませんので、ホワイトニング後にやり替えが必要かどうかも相談しておいてください。

逆にかぶせものをした後に「歯を白くしたい」といっても色をきれいにそろえることは困難なので、ホワイトニングしたい場合は虫歯を削る前に相談をお願いします。

 ホワイトニング前のクリーニング、処置前の歯の色調チェックをしてから歯の漂白が始まります。術前、術後の色調の変化、漂白後の知覚過敏の具合をチェックしながら希望の白さに近づけていきます。

 治療後の色の後戻りにはタッチアップで再度ホワイトニングするなど、メンテナンスを行って白い歯をキープするようにしましょう。

メンテナンスと定期検診で通院することで、歯の健康も同時に維持し健康できれいな白い歯を目指せたらいいですね。

 ■結城典子(ゆうき・のりこ) 歯科医師。松本歯科大学歯学部卒業。帝京大学医学部付属病院歯科口腔(こうくう)外科、日本歯科大学附属病院口腔外科、東京および埼玉の診療所勤務ののち、現在は地元大阪のよどがわ保健生活協同組合淡路CO-OP歯科診療所勤務。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★