あなたの健康はお金で買えますか・・・? 突然死のリスクが高かった!大木凡人さん、緊急入院した大動脈解離、手術後の生活は…
1

突然死のリスクが高かった!大木凡人さん、緊急入院した大動脈解離、手術後の生活は…

タレントの大木凡人さんが、今年1月に大動脈解離で手術を受けていたことがわかりました。胸の痛みを自覚していた大木さん、同月19日にトイレに入って立ち上がったところを、強烈な痛みが襲い、同月21日に緊急手術。

心臓左の大動脈が約60センチも破れていたのです。

◆40~70歳に多い重大な疾患
大動脈解離とは、大動脈の壁に亀裂が入り、壁が内膜と外膜とに分離されてしまう病気をいいます。

突然発症することが多く、その場合は、急性大動脈解離といい、急性心筋梗塞と並んで、すぐに対処が必要な循環器の重大な疾患です。裂け目に血液が勢いよく流れ込み、大動脈壁に偽の血流路が形成されてしまいます。

大動脈解離は、女性よりも男性に3倍多くみられ、大動脈解離を起こす人の約4分の3は、40~70歳です。

◆どの動脈が詰まるかによって、症状が異なる大動脈解離
急性大動脈解離が起こった時は、突然の激しい胸の痛みや背中の痛みがあり、救急車を呼ぶことになります。その痛みは激痛で、引き裂かれるような痛みと表現されます。

動脈の壁が分離されるために、背中の肩甲骨の間に激痛が走り、手足に激しい痛みが突然に現れてくることもあります。

大動脈解離は、高血圧がある人に起こりやすく、解離が進行すると、大動脈から分枝している動脈の分岐部がふさがれてしまい、血流が遮断されることがあるのです。

そのさい、どの動脈が詰まるかによって症状が異なります。脳動脈が塞がると脳卒中になり、心臓への冠動脈が塞がると心臓発作が起こります。

また、腸へ血液を供給する腸間膜動脈が塞がると、突然の腹痛が生じますし、腎動脈が塞がると腰痛が起こります。

◆突然死のリスクは高い!
急性大動脈解離は、適切な治療を受けないと突然死する危険が高く、専門的な病院で集中的に治療を受ける必要があります。

とくに、大動脈解離は日本人に多い疾患で、循環器疾患による突然死では、心筋梗塞に次いで、2番目に多い死因とされています。

死亡する人の多くは、大動脈解離が発生してから2~3時間後です。したがって、心拍数と血圧を下げることで、解離が広がるのを抑えることができます。

◆致死率・生存率について
大動脈解離で治療をしなければ、約75%の人が2週間以内に死亡します。治療した場合、大動脈解離が心臓にもっとも近い部分に起きた場合は70%、より離れた部位に起きた場合は、90%の人が生存し、退院することができます。

最初の2週間を乗り越えた人の5年生存率は60%、10年生存率は少なくても40%です。大動脈解離は、加齢に伴って多くみられます。高齢者では高血圧が原因で起こります。

◆医師はほぼ全員に手術をすすめる
心臓に最も近いところから数cmほどの大動脈解離に対しては、医師はほぼ全員に手術をすすめます。心臓から離れた部位での解離では、普通は手術をせずに薬物療法を続けます。

しかし、解離によって動脈から血液が漏れ出している場合や、脚や腹部の臓器への血流が途絶えている場合、ないしは解離が拡大している場合は、手術が必要になります。

手術中の死亡リスクは、心臓に近い部位の大動脈解離では、約15%です。

◆手術後、その後の生活
大動脈解離を起こした人の、その後の生活は、生涯を通して血圧を低く保つようにしなければなりません。

医師は、後で起こる合併症に注意が必要ですが、最も重大なのは、新たな解離の発生や弱くなった大動脈での動脈瘤の発生、大動脈弁からの逆流の増加です。

これらの合併症は、手術による修復が必要になります。

◆発症後の日常生活での諸注意
手術時の傷の治りや筋肉痛には個人差があります。筋肉痛は、半年~1年ほどでなくなります。手術をしたとき切断した胸骨は、胸骨ワイヤーで固定しています。

術後半年くらいは胸部をねじるような運動、ゴルフなどは避けたほうがいいでしょう。

暖かい所から急に寒い所へ出ると、血管が収縮して、血圧が上がります。特に冬場は、室内と外気との差をなるべく少なくするようにしましょう。外出時には、マスクやマフラー、手袋などで肌の露出を少なくします。

お風呂に入るときは、寒くないように脱衣所や洗い場も暖かくしてから入浴します。熱いお湯は心臓に負担がかかりますから、40度位の、ややぬるめのお湯がいいでしょう。

排便時、いきみの時間が長いと血圧が上がります。スムーズな便通を心掛けるように、便秘予防をしましょう。毎日、規則正しい生活を送り、休養を十分に取り、疲れを残さないようにしましょう。過重労働、夜更かしは、くれぐれも禁物です。

運動は、病状によって個人差があるので、医師に相談して、どの程度動いていいかたずねてください。タバコを吸っている人は、すぐに禁煙しなくてはなりません。お酒は、日本酒ならば1合程度ならば可です。

食事は、バランスのとれた食事をすることで症状が抑えられます。

さて、大木凡人さんは、再検査の結果が今月22日に出るようです。仕事復帰はそれからの検討となるといわれています。いつまでも変わらない素敵な笑顔を、また見せてほしいですよね。

<執筆者プロフィール>南部洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師株式会社とらうべ社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー。

<監修>
監修医:岡本 良平(東京医科歯科大学名誉教授)

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】