l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【女医ドル】“歯”の金属アレルギー増えています 吉田聡美先生 


【女医ドル】“歯”の金属アレルギー増えています 吉田聡美先生 

今回は歯科治療で使用される金属についてのお話です。お口の中に装着している入れ歯や金属の詰めもの、かぶせものなど、歯科治療で使用される金属によるアレルギーの報告が、近年増加してきています。

 金属アレルギーは、金属がイオンとなって溶け出し、体内のタンパク質と結合し、アレルゲンとなることで引き起こされます。歯科治療用金属では主に、水銀、ニッケル、コバルト、パラジウム、クロムがアレルゲンとなり問題を引き起こすといわれています。

 これらが原因となり、扁平(へんぺい)苔癬(たいせん)や掌蹠(しょうせき)膿疱症、舌炎、口内炎、歯肉炎などを引き起こします。

 また、金属イオンが血流によって全身に運ばれると、全身性のアレルギー性皮膚炎を起こすこともあります。

 特にアマルガムは水銀やスズなどの重金属を含んでおり、神経毒性が強く、アレルギーの他、不眠や頭痛、肩こりなど、さまざまな症状を引き起こすといわれています。重金属が体内に蓄積するとホルモンバランスの乱れや免疫力低下の原因となることも指摘されています。

 これらアレルギーなどの症状を起こしにくい金属としては、金、白金などがあげられます。そして、インプラント治療などで用いられるチタンも、アレルギーを起こしにくい金属の1つです。

 歯科治療を受けて以来、なんだか体調が優れない。お口の中に、治りにくい口内炎や何らかのトラブル、または皮膚トラブルがある-などの症状がみられ、それが歯科用金属が原因とされる場合は、外用薬や内服薬では治癒しないため、

お口の中の原因となる金属を除去し、別種の金属や陶材に置きかえる治療が必要となります。金属アレルギーを心配される方はパッチテストなど、1度しっかりとした検査をすることをお勧めします。

 また、金属を一切使用しない治療も可能です。アレルギーを心配される方や、これから新たに歯科治療をされる方で、どのような材料を選択したらいいかお悩みの方は、一度ご相談ください。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修終了。医療法人メイロイヤル矢向歯科勤務。モアナ歯科クリニック開業。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★