l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 中性脂肪を抑え、血液をサラサラにする【DHA】とは


中性脂肪を抑え、血液をサラサラにする【DHA】とは

魚に多く含まれるDHA。健康効果が高いことで知られていますが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?

●DHAとは?

DHAは主に魚の脂肪に多く含まれる必須脂肪酸で、正式名称をドコサ・ヘキサエノイック・アシッド(ドコサヘキサエン酸)と言います。

DHAはオメガ3に分類される脂肪酸で、細胞を正しく機能させるために必要な物質です。近年は食の欧米化が進み、一昔前のように魚を食べる機会が減少傾向にありますが、これが現代病とも呼ばれる生活習慣病の増加に繋がっているのではないかと言われています。

その証拠に、積極的に魚を食べる人とそうでない人では、死亡率が変わってくるとの研究報告もあります。厚生労働省による摂取基準では、DHA+EPAを1000mg/日以上摂ることが望ましいとされています。

●中性脂肪を抑え血液をサラサラにするDHA

DHAには赤血球などの血液中の成分を柔らかくし、血管内に流れる血液の通りをスムーズにする働きがあります。つまり、血液をサラサラにする作用があるということです。

また、動脈硬化の原因にもなる悪玉コレステロールの増加を抑え、血管のつまりを予防する働きもあります。さらに、肝臓で中性脂肪がつくられるのを阻害したり、肝臓でつくられた中性脂肪が血液中に分泌されるのを抑制する作用もあります。これにより、中性脂肪の数値を下げる効果が期待できるというわけです。

●EPA+DHAで相乗効果が狙える

DHAは赤血球に働きかける作用を持ち、EPAは血小板に働きかける性質を持ちます。つまり、この2つの物質は、共に血管と血液の健康を保つのに非常に優れた効果を発揮すると言えるのです。

EPAとDHAを一緒に摂取すると、血液をサラサラにして流れを良くするだけでなく、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる効果も期待できます。よって、メタボリックシンドロームや動脈硬化などの生活習慣病の改善にも役立つのです。

EPAとDHAは、共に青魚に多く含まれている必須脂肪酸なので、魚を食べるだけでこの2つの成分を同時に摂取することができます。敬遠されがちな魚ですが、健康には欠かせない食材ということを認識し、意識的に摂取するようにしましょう。

関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★