l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【女医ドル】「歯茎やせ」には気をつけて 吉田聡美先生


【女医ドル】「歯茎やせ」には気をつけて 吉田聡美先生

鏡に映った自分の笑顔を見て、「なんだか以前と違うなぁ」と感じている方はいらっしゃいませんか。

 実はその理由は歯茎に関係しているかもしれません。

歯茎がやせて、下がってしまうことで、歯が長く見えたり、歯と歯茎の間に隙間ができてしまい、お口を開けて笑ったときなどに、お顔全体のイメージが大きく変わり、見た目年齢はグンと上がってしまいます。

 歯茎がやせる、下がるなどの症状を歯肉退縮(たいしゅく)といいます。今回は、歯肉退縮の原因と予防、対策についてお話しさせていただきます。

 【原因と対策】

 (1)歯周病

 30歳以上の約8割が歯周病にかかっているといわれる現代。歯周病が進行すると歯を支えている骨が減り、その上にある歯茎も一緒に下がってしまいます。毎日の正しい方法での歯磨きと、クリニックでの歯周病ケアが重要になります。

 (2)過度なブラッシング圧

 良く歯が磨けている気がして、ゴシゴシと強い力で歯磨きなさっている方、歯ブラシを交換してもすぐに毛先が開いてしまう方はいらっしゃいませんか。

過度な力でのブラッシングは、歯はもちろん歯茎も傷つけ、退縮の原因となります。力任せに磨かず、硬くない毛の歯ブラシで適切な圧で優しくマッサージするように磨きましょう。

(3)過剰な負担

 かみ合わせや歯並びにより、一部分の歯が強くあたっていたり、歯ぎしりなどにより、過剰な力が加わっている場合にも歯肉退縮を引き起こします。

この場合は、かみ合わせを調整したり、マウスピースで歯ぎしりによる負担を軽減したりする必要があります。

 (4)加齢変化

 お肌と同様に歯茎も加齢により、弾性が低下し、それにより歯肉退縮します。

10年で約2ミリ退縮するとも言われています。老化を少しでも防ぐためには、歯茎のマッサージで日々のケアをすることが大切です。

 歯肉退縮し、歯の露出部分が増えると、見た目の年齢が老けて見えるだけではなく、知覚過敏の症状を引き起こしたり、歯の隙間に食べ物が詰まりやすくなり、虫歯の罹患(りかん)率を高めたり、歯周病を進行させる要因にもなります。

 まずは歯肉退縮の原因を把握し、進行を防ぐことが一番大切です。

基本的には、一度退縮してしまった歯茎を元へ戻すことは困難です。

しかし、結合組織移植術や遊離歯肉移植術などの歯周外科的治療で回復させることも可能です。

歯だけではなく、歯茎の状態が気になる方は1度ぜひクリニックへご相談ください。

 ■吉田聡美(よしだ・さとみ) 松本歯科大学歯学部卒業。神奈川歯科大学研修修了。都内歯科クリニック勤務後、モアナ歯科クリニック開業。現在に至る。(株)カロスエンターテイメント所属。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★