あなたの健康はお金で買えますか・・・? やる気が起きないときは、朝の「酸っぱいもの」習慣を

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

やる気が起きないときは、朝の「酸っぱいもの」習慣を 

   

朝からなんだかやる気が起きない...、そんなときは、梅干しやレモンなどの「酸っぱいもの」を摂るようにしましょう。それらに含まれるクエン酸が、体内の疲れを排出してくれるのです。

クエン酸を多く含まれる食品

朝から元気に過ごすためには、クエン酸が多く含まれる食品を摂りましょう。

<クエン酸が多く含まれる食品>

・梅干し
・レモン
・オレンジなどの柑橘類
・イチゴ、メロン、キウイなどフルーツ全般
・リンゴ酢、黒酢などのお酢

クエン酸回路を回して疲労物質を排出する

私たちが何かしらの活動をすると、体のなかに「乳酸」という疲労物質がたまります。これを回収して体の外に排出するのが、「クエン酸」なのです。

この疲れの元を回収し、外に出して疲れを取る仕組みを「クエン酸回路」といいます。「クエン酸回路」が回らないと、乳酸がたまりどんどん疲れが抜けなくなってしまうのです。

毎朝摂ることが大事

クエン酸は一度に大量に摂っても尿から排出されてしまうので、まとめ摂りはできません。

なので、毎朝その日に必要なクエン酸を摂取し、クエン酸回路をぐるぐる回してあげるようにしましょう。朝から気分がスッキリしますよ。

酸っぱいものがニガテな人は、フルーツに蜂蜜をかけるものよいでしょう。また朝から何も口に入れたくないときには、フルーツビネガーを炭酸で割ったものを飲むのもおすすめです。

毎朝クエン酸を含むものを摂ることを習慣にして、1日を元気に過ごすようにしてみては、いかがでしょうか?

関連記事




2
( 2017/07/03 12:53 ) Category ■アブない添加物・食べ飲み合わせ危険・薬・市販野菜ジュース | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ
QRコード
QR