l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 夏バテ知らずの体と心に! 薬膳でパワフルに過ごそう


夏バテ知らずの体と心に! 薬膳でパワフルに過ごそう

ギラギラ照りつける太陽に、肌にまとわりつく湿気……。蒸し暑くなる季節を迎えます。ついつい冷たいビールやさっぱりとしたそうめんに手が伸びてしまいがちですが、それではいけません。来るべき夏だからこそオススメしたい食材や夏バテ対策で元気に過ごしましょう!

■五行・五臓で見る夏の特徴

 気温がぐんぐん上がり、陽気がピークを迎える夏。薬膳では、夏の性質は“炎熱”といい、高温になる外気の特徴をさすだけでなく、体や心に起こる変化のことも表しています。

 具体的には、体内にこもった熱を発散させるために汗をかいたり、のどが乾いたり、熱が体の上部に行くのでイライラしたり、不眠になったり、胸悶感を覚えたりします。

 万物を5つのエレメント(要素)に分けて考える五行では、夏の五臓は“心(しん)”。心の機能が活発になるので、めまいや動悸、熱射病などに注意が必要です。

■夏の薬膳をつくるコツ

□熱を冷ます作用のあるものを摂る

 ほてった体をクールダウンさせるには、体温を冷ます寒涼性の食べ物がオススメです。夏野菜や解毒作用のあるものを摂取しましょう。

 例)緑豆、小豆、緑茶、にがうり、きゅうり、とうがん、トマト、スイカなど

□水分を補うものを摂る

 汗をたくさんかくので、失ったミネラルを食材で補給しましょう。また、お酢などの酸味を少々加えてみるのも効果的です。

 例)きゅうり、トマト、くわい、長いも、梅、レモン、スイカ、梨など

□精神を安定させるものを摂る

 夏の暑さでイライラしたり、精神活動にも影響が出ます。心を落ち着かせる作用のあるものもオススメです。

 例)小麦、なつめ、ハスの実、ゆり根、鶏卵、うずらの卵、牛乳、内臓のハツなど

□気を補うものを摂る

 汗をかくと、一緒に“気”も出てしまいます。気は体を動かす原動力。夏バテしないように、元気パワーをチャージする食材を食べましょう。旬の食材には“気”がたくさん入っているのですよ。

 例)そら豆などの旬の豆類、かぼちゃ、鶏肉、お米、あじ、いわし、かつおなど

■夏冷えしないコツは、汗をかくこと!

 エアコンなどの冷房設備が整っている今、“夏冷え”が増えています。体を冷やしすぎたり、汗をかかない状況が続くと、体温調節ができず、自律神経にも悪影響が出てきます。こんなときは、しょうがや山椒、唐辛子などの発汗作用のあるものを摂りましょう。

関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★