あなたの健康はお金で買えますか・・・? 豆乳に次ぐ「第3のミルク」とは? ビタミンEたっぷりのスーパーフード

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

豆乳に次ぐ「第3のミルク」とは? ビタミンEたっぷりのスーパーフード 

健康飲料といえば何を思い浮かべるだろうか?

黒酢、豆乳、青汁、アミノ酸ドリンク、飲むヨーグルト、野菜ジュースetc……。日々商品が入れ替わるコンビニで、すっかり定着した豆乳に続き「第3のミルク」として注目されている飲料がある。「アーモンドミルク」だ。

 2013年、アメリカではアーモンド飲料を含むナッツベース飲料の売り上げが前年比51%増の4億9700万ドル(8月3日締め52週)となり、豆乳の前年比12%減の4億800万ドルを上回る結果となっている。(SPINS Nielsen調べ)

 アーモンドは高い栄養価を備えており、老化予防をはじめとする美容効果が期待できる。

具体的には、ビタミンE、オレイン酸、食物繊維、ビタミンB2、カルシウム、マグネシウムの成分量が多いことが特徴。特に、「若返りのビタミン」とも呼ばれるビタミンEは、「ビタミンEの宝庫」として有名なアボカドの約10倍含まれている。

 実際、ハリウッドのある若手俳優は、インタビュー中にアーモンドを1粒ずつ丁寧に噛んで食べていた。多忙なスケジュールのなか、美容に気を遣うハリウッド俳優なりの美容法なのだろう。

やけに細かく噛んでいたのは、アーモンドは硬く、細胞壁に覆われているため、栄養をとるためにはしっかりと噛み砕く必要があるからだった。

 しかし、1日あたりの適正なアーモンドの摂取量は28gで約23粒(カリフォルニア・アーモンド協会より)。

ハリウッド俳優並の噛み方では、23粒を食べきるために30分以上かかってしまいそうだ。毎日噛んで食べるのは難しいだろう。そこで、人気を集めているのが、アーモンドミルクというわけだ。

 たとえば、グリコ「アーモンド効果」は、200mlパックにアーモンド23粒相当のビタミンEと食物繊維が入っている。これなら数十秒で飲み干せそうだ。

そのまま飲むもよし、牛乳代わりにシリアルにかけて食べるのもありだろう。豆乳は苦手だったという人も一度試してみてはいかがだろうか。 

関連記事



( 2017/07/04 11:35 ) Category ■栄養療法・健康食・コンビニ健康法・食品関連・賞味期限 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR