l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? イオン飲料、子どもには注意 ビタミンB1の不足誘発


イオン飲料、子どもには注意 ビタミンB1の不足誘発

気温が高い季節は、熱中症や脱水を防ごうとスポーツドリンクなどのイオン飲料を選ぶ人が多い。飲み過ぎるとビタミンB1が不足し、特に子どもは身体の不調や深刻な症状に陥りやすい。注意点を探った。運動後や汗をかいたときの水分補給に、イオン飲料をとる人は多い。糖分と塩分を含む飲み物を指し、身近なのはスポーツドリンクだ。体に良い飲み物という印象から、子どもに日常的に与える親もいる。近年は飲み過ぎで「かっけ」になる子どもが、離乳期を中心に増えている。

 かっけは戦前に多かった病気だ。ビタミンB1欠乏症の一つで、手足のしびれやむくみが起き、歩きにくい、一人で座りづらいといった神経症状が出る。重症化すれば心不全を引き起こす。ビタミンB1が欠乏する原因は、スポーツドリンクの糖分だ。100ミリリットル当たり約5グラムの糖分を含む。 ビタミンB1は体内で糖を分解してエネルギーを作るために必要。豚肉やウナギなどに多く含まれ、現代の食生活では不足しづらい栄養素ではあるが、スポーツドリンクを1リットル飲むごとに体内のビタミンB1を約0.1ミリグラム消費する計算になる。

 イオン飲料と同様に糖質の多い即席麺類の場合、日本即席食品工業協会(東京・台東)は1993年、指針の下でビタミンB1の添加を始めた。一方で大半のイオン飲料はビタミンB1を含まないため、不足を防ぐには食事からの補給が必要になる。島根大学講師で小児科医の長谷川有紀さんは、全国5千件以上の子どもの尿検体の調査で、10人を「かっけによる心不全」と診断した。主治医への聞き取りで、離乳期の9人が十分な食事を取らず、代わりに1日1リットル以上のスポーツドリンクを飲んでいたと判明した。

 一般的なスポーツドリンクは本来、大人が運動時にエネルギーを補給するための飲み物だ。汗をかいて失った塩分と糖分を一緒に取ると、体への水分の吸収を促すため、下痢や発熱で脱水症状になったときに医師がスポーツドリンクを勧めることもある。
 ところが脱水状態でない子どもがイオン飲料を飲むと、塩分で喉が渇き、飲み続けてしまう。さらに「子どもは甘い味に慣れると、薄味の離乳食を欲しがらなくなる」と長谷川さん。小食を心配する親が、食事代わりにスポーツドリンクを与えてしまう例もあり「食事からビタミンB1を取らないことになり、ますます不足する」という。

 同様の理由で心不全を起こした子が、全国の救急現場に運び込まれている。長谷川さんは「安易にスポーツドリンクを与えるのは危険。脱水状態の子どもの水分補給には、糖分の少ない経口補水液が望ましい」と訴える。経口補水液は脱水時の水分補給を目的に、塩分と糖分の濃度を調整したイオン飲料だ。薬局やドラッグストアで手に入る。糖分が2%前後と、スポーツドリンク(約5%)より低いのが特徴で、脱水状態ではない人が飲むと、塩っぽく感じることがある。

発熱や下痢、嘔吐(おうと)などで脱水になったときの一時的な飲み物として活用したい。脱水症状が改善したら飲むのはやめよう。帝京大学医学部付属溝口病院(川崎市)の村川裕二教授は「ビタミン不足は様々な体の不調を引き起こし、疾患リスクを増やすことがある」と指摘する。熱中症対策や体調不良時など、状況によってイオン飲料は効果的な水分補給の助けになる。大切なビタミンを大きく減らす飲み方は本末転倒だ。子どもに限らず、大人も水代わりに飲まないように気を付けたい。
(ライター 塚崎朝子)[NIKKEIプラス1 2017年6月24日付]

関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★