l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 膣の粘液力不足を感じるすべての女性へ。


膣の粘液力不足を感じるすべての女性へ。

誰もが抱えるものから人には聞けないものまで、あらゆるヘルス&ビューティの悩みにその道のエキスパートが回答。第17回は、前回に引き続き粘膜ケアにフィーチャー。夏を楽しむのなら、潤い不足の粘膜はご法度!? 美容にもラブにも大切な、膣の粘液力を高める具体的なメソッドを紹介する。自分は十分潤っているのに相手がその気でない。そんなときの媚薬も伝授!

触られることが乾いた心や膣の救いに!

「大好きな人の肌が触れるとうれしくてゾクゾクっとしますよね。その感覚が鈍って皮膚が感じなくなると、膣粘液は出ずらくなります。パートナーなどとのスキンシップを大切にしてください」と、森田敦子さん。

ハグ文化のある欧米と比べると、他人に触れる機会が少なくなりがちな日本。だからこそ、意識してスキンシップを図るのがいいそうだ。

「皮膚には敏感なアンテナがたくさん張られています。特にくすぐったいと感じるところには性感帯もあり、皮膚の触れ合いによって膣粘液の分泌を促すことにもつながります」

性交渉をするときだけでなく、普段から触ることを心がけて欲しい、と森田さんは続ける。そうすることで、感度が高まるというのだ。では、パートナーがいない場合は自分で触るのもアリだろうか?

「それも良いのですが、自分で触るのと人に触られるのでは感覚が違いますよね? マッサージやスパに行って触ってもらう。あるいは、友人と足マッサージをし合いっこするのもおすすめです。そして、もし身近に『私に男性は必要ありません』等、強がっている女友だちがいたら、ぜひマッサージしてあげてください。特に女性は、何歳になっても触られるだけで嬉しいもの。信じられないかもしれませんが、少しの肌の触れ合いだけでも素直な気持ちを取り戻せるものだと思います」

センシュアリティを高める香りで“触る”の効果をアップ!

マッサージをするときに、忘れてはならないのがハーブの力。マッサージ用のベースオイルとなる植物オイルに精油を数的落とせば、効果を高めてくれる。香りでおすすめなのは、センシュアリティを上げるとされるネロリや、パチュリ、サンダルウッド、イランイラン、ゼラリニウム、クラリセージなど。

「これらの香りは深い鎮静と高揚感の両方を連続してもたらすので、適度なリラックスと性的な衝動につながり、使い勝手が非常に良いのです」

マッサージオイルを用意したら、耳をスタート地点に徐々に下へとおりるようにマッサージ。うなじ、胸、ワキの下、そけい部、膣、ヒップから背筋を上がって百会までの、いわゆる“くすぐったいライン”をスーッとなぞるようにする。

「包まれるような安心感や静かな幸福感で満たされるのを感じるでしょう。心からリラックスできる状態が粘液力をよりアップさせやすい環境をつくる、と考えています」。このマッサージ法はセルフではもちろん、パートナーにしてもらうのも効果的。


食生活改善が粘膜美容につながる。

粘液をたっぷり出すための食生活のアドバイスも。「まずは、トリプトファンを多く含んだ食事を心がけてください。鶏肉や豚肉、牛すじ、舞茸、ブロッコリーの芯、バナナ、アボカド、プロセスチーズなどに多く含まれています。また、ビタミンPやビタミンKが取れるナッツ類と、オメガ3を含む良質なオイルを取ることも大切。メニューとしておすすめなのは、鶏肉と漢方が豊富な参鶏湯ですね」

なお、効果を期待できるハーブや漢方のラインナップは以下の通り。料理のスパイスとして、あるいは乾燥させて刻んだものを熱湯で抽出してハーブティーにする、サプリメントとして飲むなど、日々の生活に上手に取り入れたい。

ハーブ
チェストベリー、メリッサ、ブラックコホシュ、レディースマントル、ホップ、セージ

漢方
当帰、芍薬、茯苓(ぶくりょう)、高麗人参

自然体な生き方で“スプーン3杯の愛”を手に入れて。

ヘルシーな生活を送り、粘膜が潤う努力はしている。でも、いざというとき、つまりセックスのときに膣が濡れにくい。それって私だけ……?と人知れず不安に思っている人へ。

「濡れにくいという悩みを抱える女性は、30代や40代の働き盛りに多いようです。感受性を無視して働きすぎて、ストレスや疲れが溜まっているのが理由かもしれません。対応策として、ひとつは女性がもっと自然体に生きることだと思います。『これをすれば男性にモテる』などの情報に左右されず、自分自身はどういう女性でありたいのかを観察する。周りからどう思われるかはひとまず置いておき、朝起きて夜寝るまで、自分がしたいことに忠実になってみる。そして、好きな人がいたらオープンになって、セックスしたいなら素直に表現する。正直になることを癖づけるようにすればいいのではないでしょうか」(森田さん)

そして、濡れにくかったり、性欲が減退気味だったりするときは、それを放って置かないでほしいと続ける。

「食欲が湧かないときは『何で食べられないんだろう?』って、一生懸命解決法を探しますよね。それと同じくらい、気にするポイントにしたほうがいいと思います。35歳までは快感を得ると大さじ3杯の膣粘液が出ると言われ、フランスでは“スプーン3杯の愛”と呼ばれています。それを目指すべく、豊かなセックスライフを送ってください」。またセックスに限らず、セクシャルセルフケアなどで体にとって“快”を得られる状態を作ることも大切です。

相手が枯れているとき試して欲しい、癒しのテクニック。

膣の粘液力を高めてセックスへの準備は万全。なのに、肝心の相手がその気じゃない。そんな悲劇とはどのように向き合えばいいのだろう。

「ハーブのウィンターグリーンの力を借りるのがおすすめです。サリチル酸メチルが主成分で、気持ちをクリアにしてくれると共に、肩こりや腰痛など筋肉の疲労に抜群の効果を発揮します」

具体的には、パートナーが疲れているときに、ウィンターグリーンの精油をマッサージ用オイルに数的滴らし、首や肩甲骨周り、ふくらはぎまわりをマッサージ。それが一通り終わったら、電子レンジなどで温めたタオルをマッサージしたところに置き、「喉が乾いたら白湯を飲むのよ」などと言いあとは“放置”。そうすることで、セクシーな下着を纏うよりも、ずっと高い確率で”その気にさせる”ことができるという。

「その気になれない原因の大きなひとつは、疲れていることです。だから、優しくマッサージをしたり話を聞いたりと、自分が疲れているときにしてもらうと嬉しいことを相手に率先してあげる。それがコツです」

恋したいモチベーションや開放的な気分が盛り上がると同時に、疲れやダルさを感じやすいのが夏。だからこそ、一工夫して、粘液力アップに勤しんで。心も体も潤うことで、暑い季節をヘルシーに、そしてエネルギッシュに過ごせるのだから。

関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★