あなたの健康はお金で買えますか・・・? ミランダ・カーも実践中!働き女子を癒やす「朝のレモン水」スゴイ効果4つ
1

ミランダ・カーも実践中!働き女子を癒やす「朝のレモン水」スゴイ効果4つ

女性であれば誰しも、ダイエットと美肌は常に心がけているはず。さらに働き女子ともなれば、仕事の疲れをできるだけ早く取りたいものだ。

とはいえ、なかなか仕事を休むことができない働き女子にとっては、体調管理も一苦労だろう。そんな働き女子にぴったりなのが、じつは“レモン水”である。

日本でも大人気のモデル、ミランダ・カーが産後ダイエット中に毎朝レモン水を飲み続け、ダイエットに成功したということから話題になっている。そんなレモン水は、働き女子にとって嬉しい効果がたくさんあるのだ。

そこで今回は、英語圏のライフスタイル情報サイト『Lifehack』の記事を参考に、働き女子のわがままを叶えるレモン水の効果を4つご紹介しよう。

■1:ダイエット効果

レモン果汁には脂肪の吸収を抑制する効果があることがわかっているという。

また、含まれているクエン酸が代謝機能をアップしてくれるため、脂肪燃焼効果も期待できるのだ。とくに朝に摂ると、その日一日の消費カロリーを上げてくれるとのこと。

さらに利尿効果もあるレモン水は、血液中の老廃物や余分な水分も尿として排出してくれる。体の循環を良くすることで、内側からキレイになれるということだ。

■2:食欲抑制

レモン水を一度飲んでみると、食欲があまり湧かないことに気付くだろう。レモンの酸味と、食物繊維がお腹に満腹感を与え、食欲をセーブしてくれるのだ。

ダイエットといえば、食べたいものを我慢してイライラする……なんてことが当たり前のように思われてきたが、そもそも食欲が湧かなければイライラも少ない。

朝だけでなく、日中でも少しお腹が減ったなと思う時には、レモン水を飲むのがオススメだ。

■3:美肌効果

レモンといえば、ビタミンCが豊富なことで知られている。ビタミンCには吹き出物をおさえたり、たるみやシワなど、肌の老化を防いでくれる効果がある。

レモンの美肌効果はビタミンCだけではない。ぷるぷるに潤った肌に欠かせない、コラーゲンの生成を促す成分も含まれているため、肌にハリや弾力が生まれるのだ。

ローズヒップティーやアセロラなどにもビタミンCは含まれているが、肌細胞にコーラゲン生成を働きかけるこの成分は、レモンに最も多く含まれているといわれている。

■4:免疫力アップ

レモンに含まれるクエン酸には、疲労回復とともに、免疫力アップの効果がある。また、血液をサラサラにしてくれるレモンの成分は、心筋梗塞・脳梗塞などの予防にも繋がるという。

意外と知られていないが、レモンはカルシウムも多く含んでいるので、骨を強くし、骨粗しょう症の予防にも効果的なのだそうだ。

以上、今回はレモン水の効能4つをご紹介したが、いかがだっただろうか?

レモン水の作り方は、コップ一杯の水か白湯に、レモン半分の果汁を絞って入れるだけ。朝一杯のコーヒーを、明日からはレモン水に代えてみよう。爽やかなレモンの香りとともに、清々しく一日を過ごせるだろう。


関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】