l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 死の直前に思うこと


死の直前に思うこと

ロサンゼルスに住む写真家、アンドリュー・ジョージは彼の著書、『Right Before I Die 』で、死を目の前にする人々最期に語る人々を紹介しています。

若くして末期癌のサラは、病室のベッドでカメラに向かって微笑みながら、こう語ります。

「時間は重要なものです。人生は間違いなく無限ではない。先に何が起こるか分かり得ないし、危険と遭遇しなければならないかもしれない。私は『公平』というものが何なのか考えることができないのです。

公平なんて何の意味も持たない。物事は公平でも不公平でもなく、ただの事実なんです。」

死を恐れていないジョセフィーナ、「私は輪廻転生はないと思ってるの。人間は死んだら終わり。それだけよ。否定したくないけど、私は信じない。塵に変わるだけ」

ルネの最も後悔していることは、娘と絶縁状態にあり、最期に会うことができないことだと言います。

「私が彼女を拒絶してしまったんです。私たちが幸せと呼ぶものとは貢献のことなのではないでしょうか。

その瞬間与えられている現状、今持っているもの全てだと思うのです」

ジョーは筆談で、「私は自分がこの世で一番幸運な男だと思っています。家族に恵まれ、ひ孫にも会えた。これ以上のことを誰が望みますか」と。

自分の癌が進行しているとき、病気の兄と姉を看病していたサリーは、愛の中にいることは最大の幸せである、と述べています。

ジョージ氏は、このように彼らの最期の言葉と写真を集めることで、他の人への助言になるのではないかと考えています。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★