l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? ストレスが原因!?自律神経失調症の対処法は?


ストレスが原因!?自律神経失調症の対処法は?

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つの神経のバランスが乱れることで起こると言われてます。しかし、なぜバランスが乱れるのかということに関する詳しい原因やメカニズムはまだハッキリとは分かっていません。

ただ、自律神経のバランスを崩しやすい人には一定の傾向があり、ここからバランスを崩す原因となるものをある程度知ることができます。ここでは自律神経失調症の原因と言われるストレス、なりやすい人について簡単に解説します。

◆自律神経失調症の最大の原因はストレス

自律神経失調症の原因の中でも最大のものといわれているのが、ストレスです。仕事や人間関係による過度のストレスを慢性的に受けることで自律神経のバランスが崩れるとされています。

また、環境の変化に順応できずそれでも無理やりそれに合わせようとすることで精神疲労が蓄積され、自律神経のバランスが失われていくこともあり、これも一種のストレスによる自律神経失調症と言うことができるでしょう。

しかし同じような環境にいて同じようなストレスにさらされていても、全く問題ない人もいます。つまり自律神経失調症は、性格的・体質的なものも原因として関係しているのです。

神経質で気を遣いすぎる、人目が気になる、気持ちの切り替えができないといった性格はストレスに弱いですし、体質的にも例えば子どもの頃に虚弱体質でよく熱を出していた人、下痢をしていた人、自家中毒を起こしていた人などは自律神経失調症になりやすい人と言われています。
.
◆生活習慣の乱れも原因の1つ

その他の原因として生活習慣の乱れも挙げられます。本来、人の体には体内時計が備わっており、朝に目覚めて日中活動し、夜には睡眠を摂って体と脳を休めます。

この体内時計を無視して生活リズムが乱れるような習慣を続けていると、自律神経をコントロールする視床下部が混乱し、バランスが崩れてしまうのです。

また、食べ物も自律神経のバランスに大きく関係しており、肉やバターなどの脂肪分の摂りすぎは自律神経失調症になりやすく、ビタミンやカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルや栄養素が不足することでも危険性が高まると言われています。
.
◆自律神経の対処法は?

このように一言で自律神経失調症と言っても原因は様々で、大抵の場合は複数の原因が相互に絡み合っているため、対処法もそれによって変わってきます。

神経科や心療内科を受診した場合、まずはず血液検査や尿検査などで内臓に問題がないかを確認し、精神的なものが原因となっている場合、心理療法を使ってのカウンセリングや、めまいやイライラ感、睡眠障害などの症状が出る場合にそれを取り除くために薬物による治療法がとられることがあります。

骨盤や背骨の歪みによる体の緊張状態から自律神経失調症を引き起こしている場合には、整体療法が行われる場合もあります。

関連記事
月額890円・独自SSL証明書0円
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★