l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? エアコンが苦手な人の熱中症対策


エアコンが苦手な人の熱中症対策

先日、ラジオ番組で熱中症対策の取材をお受けしました。質問の中で、「エアコンの苦手という人はどうすればよいですか?」とありました。私もこれは非常に大切なことだと痛感し、記事としてまとめることにしました。

■熱中症になりやすい要因

 室内で熱中症・脱水症になりやすい原因として、次の3つがあります。

・気温・室温が高い
・水分不足
・湿気が高い

 これを見てもわかるように、まずは室内の温度を下げることが大切です。周囲の温度が高いと体に熱がこもってしまいます。たとえば、西日の当たる部屋はカーテンをしめたり、スダレをかけたりすることで、少しでも室温を下げるようにしてください。

 それから、汗をかかなくなるほど脱水になってしまうと、さらに熱中症を起こしやすくなります。特に年配の方の中には、のどの渇きに気がつきにくい方もいらっしゃいます。

予防するためにはこまめな水分補給が大切ですから、ある程度、水分補給をする時間を決めておくとよいかもしれません。少なくとも寝る直前にコップ1杯は水を飲むようにして、熱帯夜に目が覚めたときに備えて、枕元にポットを置いておくと便利です。

■不快指数を下げること

 いわゆる不快指数を下げることが熱中症の予防につながります。不快指数、つまり人間が環境の快適さを判断するのに、温度・湿度・空気の流れ、この3つがあります。快適な室温は28℃が目安になりますが、同じ温度であっても、湿気が高いと汗が蒸発しにくくなります。

 当然、気化熱の作用がなくなりますから、結果として体に熱が蓄えられてしまいます。エアコンが苦手な人の場合、ドライモードを使うか、あるいは除湿機で部屋の湿気を少しでも抑えたほうがよいでしょう。

■お風呂とトイレ、必ず換気扇を回しましょう

 最も注意したいのが、独りになるトイレとお風呂です。電気代節約のためにトイレやお風呂の換気扇を切っておく人もいるかもしれませんが、温度の上昇しやすい夏場の個室トイレの中で熱中症・脱水症をおこすことがあります。

 少なくともこの季節は、空気の流れ・湿気の対策として換気扇を回しておくことを忘れないでください。もちろん、こうした場所に入る前に水分の補給をしておいて、まだ暑い時間帯に入る場合には、できるだけ短時間で済ませるようにしましょう。便秘症の方は要注意です。

 同じ温度・湿度であっても、風の流れがあると、更に表面の熱をより放散しやすくなります。風通しの悪い室内の場合には、扇風機を活用しましょう。扇風機の風を直接体にあてないにしても、部屋の空気をかき混ぜることで対策につながります。

■エアコンを使わない熱中症対策のまとめ

 この他の方法も含めて、エアコンを用いない熱中症対策をまとめると、次のとおりです。

・できるだけこまめに水分を補給(寝る前にはコップ1杯の水分補給)
・寝る前に枕元にポットを準備(目が覚めたら水を飲む)
・お風呂とトイレでは必ず換気扇を回す
・窓を開けて風通しをよくする
・扇風機で室内の空気に流れを作り出す
・熱帯夜には保冷剤をタオルに包み、足の付け根や脇の下にあてがう

 決して他人事ではなく、誰にでも熱中症や脱水症になる危険性はあります。午前中もずいぶんと暑い日がありますので、油断はできません。どうぞご注意ください。

文・吉國 友和(All About 子供の病気)

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★