あなたの健康はお金で買えますか・・・? あなたのその血圧「仮面高血圧」かも!? ◯◯すると血圧200超え…
1

あなたのその血圧「仮面高血圧」かも!? ◯◯すると血圧200超え…

 病院で測っても、血圧は正常値。だからといって安心はできない。職場で働いているときや寝ている間に血圧が高くなる「仮面高血圧」の可能性があるからだ。週刊朝日MOOK「おいしい暮らしの相談室 糖尿病&高血圧」では取材記者が実際に24時間、血圧を測定。仮面高血圧の隠れたリスクがわかった。

*  *  *
 血圧は一日のさまざまな状況下で変動する。血圧が上がるのは主に起床時、興奮時、緊張時、ストレスがたまっているとき、激務時など。一方、血圧が下がるのは就寝時、リラックス時、入浴時、飲酒時など。

「病院で測る血圧だけでは、実は判断できません。普段は正常値なのに、病院では緊張して血圧が上がる『白衣高血圧』や、逆に、病院では正常値なのに、勤務中や夜間など特定の時間に血圧が高い『仮面高血圧』などがあるからです。病院で正常値と言われているので、血圧が高い時間があることに気づきにくいのです。そのまま放置すると、心筋梗塞や脳卒中などの命にかかわる血管病を発症する危険性が高まります」

 東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巌医師は、そう指摘する。桑島医師によると、白衣高血圧と仮面高血圧はそれぞれ900万人前後いるとされている。ただ、白衣高血圧は検査時だけ上昇してしまうので、普段は正常に近い。

問題は仮面高血圧で、ポイントは「職場」と「夜間」だ。

「普段は正常値なのに、職場での血圧が高くなるのが職場高血圧。特に、上司と部下の板挟みになる中間管理職は血圧が高い傾向がみられます。以前、東京都の職員300人を対象に、仕事の合間に血圧を測ってもらったところ、病院では正常値だった職員の約23%が140を超える高血圧でした。仕事の合間の数値ですから、勤務中はもっと高いと推測されます。民間企業でも同じ調査をしたところ、33%が職場高血圧でした」

 病院では正常血圧(130~139/85~89mmHg)なので健診でわからず、職場高血圧が何年も見逃されてしまう。すると、数年後には持続性の高血圧になりかねないのだ。

もう一つの仮面高血圧である「夜間高血圧」は、どのようなものか。

「一般的に、夜眠っているときは日中より10~20%、血圧が下がります。ところが就寝中に血圧が下がらないタイプの人もいます。血管を道路にたとえると、就寝中もダンプカーが走り続けているようなものなので、血管が傷みやすい。夜間に上の血圧が150mmHg以上ある人は、脳卒中や心臓病を発症する確率が118mmHgの人の4倍という調査結果があるほどです」

 起きているときの血圧は自分でチェックできるが、寝ているときに測るのは難しい。

 自分も職場高血圧や夜間高血圧かもしれない――。そんな不安を抱える人におすすめなのが「24時間血圧計」だ。左手の上腕に腕帯を巻き、記録装置を首からかける。30分ごとに血圧計が自動で血圧を測って記録するため、利用者は何もしなくていい。記録装置をズボンのベルトにつけることもできる。保険が適用されるので、3割負担だと1日600円で利用できる。まずは病院で医師に相談してみるとよい。

 実は、筆者にも思い当たる節があった。

 50代ではあるが、毎年、健康診断を受けてもすべて「異常なし」。今年3月の健診時の血圧は上が110だった。数値だけなら問題はないはず。が、締め切りに追われ、ほぼ徹夜で原稿を書いていると、血圧が高いことがあった。仮面高血圧かもしれない――。

 そこで、筆者も24時間血圧計で測ってみた。

 締め切りが近い原稿を2本抱えていたせいか、全体的に高めだったが、上が200を超えるほど跳ね上がった時間帯があった。うたた寝していたときに本書の編集担当デスクから電話があった17時台と、翌11時に24時間血圧計を装着した状態で撮影していたときだ。カメラマンの指示に従って慣れないモデルを務めていたら、まさかの200超えを記録。楽しく執筆しているときは高くないが、仕事で緊張しているときは、高めに出ていることがあらためてわかった。

 一方、低かったのは、ジムで楽しく運動をしたあと、自宅に戻りリラックスしていた20時前後。上が120くらいだった。

 血圧計を借りた日に血液検査もしたが、すべての値が正常。どこも悪いところがなかっただけに、ストレスが大きく影響しての高血圧のようだ。

 病院での血圧測定では正常値なので降圧薬は飲んでいなかったが、今回の24時間血圧計の測定結果と異常がなかった血液検査の結果を見て、血管を広げる作用と利尿作用があるカルシウム拮抗薬(アムロジピン)と、血圧が高いときにストレスを鎮める精神安定剤を処方された。

 血圧が気になるようであれば、仮面高血圧かどうかもチェックしてほしい。(取材・文/庄村敦子)

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】