あなたの健康はお金で買えますか・・・? 死ぬまで現役 下半身のツボ EDにならないための“心持ち”
1

死ぬまで現役 下半身のツボ EDにならないための“心持ち”

 女性が原因でEDになってしまう男性は少なくない。 「一番多いのは、勃起しなかった際、相手の女性に笑われたり、責められたりして、トラウマになるケースです。もちろん、そういう態度を取られても気にせず、大丈夫な方もいるのですが…」と話すのは、EDドクターこと『浜松町第一クリニック』院長の竹越昭彦氏だ。

 確かに男たるもの、女性から蔑まれるのは辛い。ましてや、それがペニスに関することなら、なおさらだ。「早漏や遅漏、包茎が原因でトラウマを抱えてしまって、そこからEDになる男性もいます。女性の“心ない一言”で、男としての自信を失う男性は多いんです」

 では、こうした心の傷を負った場合はどうするべきか。「気にしないのが一番ですが、気にするな、というのも難しい。やはり、一つ一つ改善していくのが一番の近道です。EDの場合は、バイアグラなどのED治療薬を頼ってみる。早漏には治療薬もありますしセックス前にオナニーをしておくのも一つの手。遅漏はオナニーのし過ぎや運動不足が原因なので、それらを改善すればいいのです。包茎も気になるのなら、手術を受けて、悩みを解消しておきましょう」

 悩みを悩みのまま、放置しないことが大事だ。「自分を傷つけるような一言を言った女性も、実際は軽い冗談のケースが多いんです。女性はやはり男性のそういう悩みが分からないので、つい不用意な発言をしてしまう。また、女性もパートナーがEDになると“私に魅力がないのかしら”とトラウマを抱えることが多いんです」 EDは女性を傷つけている可能性もあるのだ。

 また、夫婦の間で多いのが、セックスの拒否だ。
 「特に奥さんが旦那からのセックスを拒否し続けた結果、旦那が次第に男としての自信をなくして、EDになるんですよね」

 いわば「嫁がヤラせてくれない」タイプだ。むろん、「嫁とはヤリたくない」という男性も少なくないと思うが、どちらにしても夫婦間(恋人同士でも)のセックスレスは、EDを生みやすいという。 「他に浮気相手がいるならまだしも、セックスから遠ざかってしまうと、人間の体は普段使わない部分が衰えていきます。それはペニスも同じ。ヤッていないと、勃起力も弱まるのです」

 ゆえに、たまにセックスをする機会に恵まれても、気持ちは昂っていてもペニスが本領を発揮しにくい。普段から性行為はしておくべきなのだ。「奥さんからセックスを拒否される男性は大抵、タイミングが悪いんです。家に帰ってきて“今夜やりたい”などと突然言い出すので、女性も嫌がる。女性の場合、ある程度、事前にセックスをする心構えも必要なんです」

 まだ恋人だった頃を思い出していただきたい。男性はデートに誘う時も「今度の週末は空いてる?」などと、事前に尋ねていたはずだ。「それで女性はその日に合わせて、セックスをする気持ちが昂るんです。夫婦になってもそれは同じです」EDにならないためには、こうしたメンタル面を勉強しておくことも重要だ。

竹越昭彦氏
『浜松町第一クリニック』院長。ED治療の第一人者で、バイアグラやレビトラ、シアリスといった治療薬のそれぞれの効果や服用法などに精通。著書に『40代からの心と体に効く【生涯SEX】のすすめ』(扶桑社新書)がある。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】