l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 専門医に聞け! Q&A 顔の左右非対称


専門医に聞け! Q&A 顔の左右非対称

 Q:右目が左目より下がっており、口角も左より右のほう下がっています。見た目がとても気になります。友だちから、噛み合わせがよくないのではないか、と言われました。以前かぶせた冠が取れたのを放置している歯もあります。改善する方法はないでしょうか。(26歳・カフェ店長)

 A:歯の噛み合わせに問題があるのかもしれませんね。噛み合わせが悪いと、顔は歪み、左右非対称になります。歯の噛み合わせが悪い場合、下顎骨に歪みがあることもあります。 下顎骨について補足すると、頸椎とつながっており、下顎骨に歪みがある場合は、頸椎にも歪みがあります。

 そして、頸椎などの骨は全身の骨や骨格と関係があります。全身の骨や骨格の中で、中心となっているのが骨盤です。骨盤は体の土台であるため、歪むと、その上にのっている頸椎や胸椎、腰椎などの背骨も歪みます。以上のように、全身の骨や骨格は関係しています。

●左右で均等に噛んで食べる
 ただし、噛み合わせに異常がなくても、顔の歪みは生じます。その主な原因は、片側で噛む癖です。ご質問の方は、主に左の奥歯で噛み、右の奥歯ではあまり噛まないのではないでしょうか。単に物理的な問題ですが、日々常に左に負荷がかかることによって、左半分の骨や筋肉が鍛えられます。一方、それに比べて、右には圧がかかりません。その差異が左右非対称を生むのです。

 ですから、まずは片方ばかりで噛む癖を直しましょう。口に物が入ると、習慣的に左の奥歯で噛むかもしれませんが、そのことに気づいたら、食べ物を右に移し、右の奥歯で噛むようにしましょう。常に左右均等に噛む、を心がけてください。それに平行して、歯科医院で診察と治療を受け、噛み合わせの異常を治してもらいましょう。

ここまでが歯科の領域です。以上のように対策をしても改善の兆しが見えないなら、骨格や骨盤の調整を行う治療所に相談するとよいでしょう。 私は、ベルビックセラピー(骨盤療法)をお勧めします。体の土台である骨盤から、骨格を正していくことが重要です。

山田晶氏(歯科医師)
骨盤療法(ペルピックセラピー)で著名。日本歯科大学卒業。歯科の領域から骨盤の歪みに着目。骨盤の歪みを自分で取る方法として、腰回しの普及に努めている。やまだ治療室顧問。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★