l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 子どもの湿疹治療に「濡れタオルセラピー」が効果ありとの研究結果


子どもの湿疹治療に「濡れタオルセラピー」が効果ありとの研究結果

汗をかく季節となり、湿疹に悩む人も多いのではないだろうか。特に汗かきの子どもは関節部分や首回りなどに湿疹ができやすい。アトピーとダブルで悩むケースもあるだろう。

大人であれば多少のかゆみは我慢できるが、自制できない子どもはついかきむしって悪化させることも。そうした皮膚炎の対処法として、濡れたタオルや衣服で患部を覆う「濡れタオルラップセラピー」が有効との研究結果が発表された。

2週間で症状が大幅減

「濡れタオルラップセラピー」は1980年代から知られている。まずお湯をはった湯船に10-20分ほど浸かり、出たら体をふいて湿疹のある部分に薬やローションをぬる。それから濡れたタオルや衣服で患部を覆い、2時間ほどそのままにしておくというもの。

米国National Jewish Healthの研究では、ひどい皮膚炎に悩む子ども72人にこの療法を行った。症状に応じて1日に行う濡れタオル回数を変えながら2週間ほど続けた結果、症状の71%がなくなったという。また、子どもが自宅に戻ってからも、症状の軽減効果は続いた。

自己流では症状悪化も

非常にシンプルにみえる手法だが、研究者によると症状の程度によって頻度などを変えたりする必要があるため、親が自己流で実施するのは良くないらしい。間違えれば症状を悪化させてしまうこともあるとのこと。

研究結果は専門サイトJournal of Allergy and Clinical Immunologyに発表された。

関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★