l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 肺炎はワクチンで防げ! 公費助成対象外の人はどうする?


肺炎はワクチンで防げ! 公費助成対象外の人はどうする?

急速な高齢化を背景に急増する肺炎。高齢者の肺炎はワクチンで予防が可能だ。現在2種類があるが、うち定期接種で使えるのは30年近い使用実績のある「ニューモバックスNP」。

これとは別に小児で使われていた「プレベナー13」が昨年6月に成人でも使用可能になった。ただし、これは定期接種の対象ワクチンではないため、どちらを接種するか医療現場で混乱もみられる。

 二つのワクチンはどう違うのか。肺炎球菌にはさまざまなタイプ(血清型)があり、その数93種類ともいわれる。ニューモバックスはうち23種類、プレベナーは13種類に効果がある。カバーする血清型が多いほど、より広い予防効果がある。

 ニューモバックスの肺炎予防効果は国内の研究で示されている。高齢者施設に入所する1006人(平均年齢85歳)のうち、ワクチン接種者は肺炎球菌肺炎を63.8%、肺炎全体を44.8%減らせた。

 厚生労働省はニューモバックスを毎年65歳の全員に接種すれば、年間5115億円の医療費の削減効果があると試算する。

 だが効果は5年以上持続するが、徐々に低下もする。必要接種回数に関して明確な方針はないが、2009年10月から再接種が認められた。ただ任意接種扱いだ。

 定期接種できるのは最初の5年間は、65歳から100歳までは、65歳、70歳、75歳など5歳刻みの年齢に達した人。14年度から18年度まで全員が1回接種できるようにする仕組みだ。

心臓、腎臓、呼吸器の障害のある人や免疫の機能が低下している人も60歳から64歳までは対象となる。一方、過去にニューモバックスの接種を受けた人は対象外だ。

 14年度は概算で約600万人が対象になる見込みだが、今年度で受けられるのは3月末まで。なかには接種のタイミングを逃してしまったり、今年度は対象外でも希望したりする人もいるかもしれない。

東京都江東区医師会理事、浅川洋医師の医院では、受けに来たのに対象年齢ではなかった人もいた。

 その場合、三つの考え方がある。[1]次の定期接種まで待つ(今年度対象の65歳の人なら次回の70歳)[2]全額自己負担でニューモバックスを接種する[3]初回でプレベナーを接種(公費助成は受けられない)し、次の定期接種でニューモバックスを接種する――。接種費用はニューモバックスが7千~8千円前後、プレベナーは1万円前後だ。

[1]の場合、公費助成が使えるので負担は軽くて済む。ただし、65歳を超えると肺炎のリスクが高まるため、心配な人は任意接種で70歳を待たずに受けておきたい。

[2]と[3]の場合、自費になるので負担感は大きい。[2]は考え方次第だが、ニューモバックスはプレベナーより安価で、プレベナーに含まれない血清型を複数カバーし、幅広い予防効果が期待できる。

一方、[3]の場合、初回でプレベナーを接種し、その後ワクチンを再接種すると免疫を増幅させるため予防効果が高くなる利点がある。肺炎球菌が体内に入った際、免疫反応が素早く立ち上がり、防御効果を示すとともに、ワクチン接種を追加するごとに前回より効果が高まる「ブースター効果」があるためだ。

「15年度の定期接種の対象者が、3月末までにプレベナーを接種して、4月から来年3月までの間に定期接種でニューモバックスを受けるという考え方もあります。かかりつけの医師に相談してほしい」(昭和大医学部教授の二木芳人医師)

 米国では定期接種の対象のプレベナーは、今後、国内でどう扱われるのか。厚労省によると「定期接種の対象にするには、有効性と安全性、費用対効果を評価して、国民全体に推奨できるかを総合的に判断する必要があり、データが集まり次第、議論を始める予定」との見解だ。

 前出の二木医師はこう助言する。

「肺炎球菌は高齢者の命を危険にさらす。65歳を過ぎたら肺炎をワクチンで予防する意識をもってほしい」
関連記事
スポンサーリンク Ⅱ
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★