l.dtd"> あなたの健康はお金で買えますか・・・? 医療保険、男性にはない女性特約がある本当の理由


医療保険、男性にはない女性特約がある本当の理由

「生命保険会社が販売している医療保険(以下、本稿では医療保険とします)」の中には「女性特約」が用意されている商品があります。

また、「レディースプラン」や「女性向けプラン」、それに女性のお客様向けのパンフレットなどを作成している生命保険会社があります。

ところで、医療保険には「男性特約」や「男性向け…」を用意している商品はあるのでしょうか? 実はないのです。何故女性だけに、こういった商品が用意されているのでしょうか?

◆男女特有の病気では、発症率が異なるから?
前立腺がんは男性特有の病気です。また、潰瘍性大腸炎やクローン病、それに痛風の患者は、圧倒的に男性の方が多いと思います。

ということで、男性特有の病気が無いわけではありませんが、発症率という点では「女性特有の病気」の方が高いと思われます。

ということで、「男性向け」の医療保険は無く、「女性向けプラン」や「女性特約」だけがあるのは「女性特有の病気の発症率」ゆえ、つまり「女性の皆さまをお守りしたい」という生命保険会社の姿勢の現れなのでしょうか?

◆透けて見える生命保険会社の狙い
「女性向けプラン」や「女性特約」からは、保険会社の戦略が透けて見えます。保険に関し女性を対象に行った市場調査では「性別でプランが分かれている方が良い」や「女性向けの商品に魅力を感じる」と答えた方が9割近くに上っています。

また「女性向けのサービスが好き」と、約9割の方が答えているようです。

こうしたことから考えると、「女性向けプラン」や「女性特約」があり、男性向けがないのは「女性の皆さまをお守りしたい」という生命保険会社の姿勢も否定はしませんが、どちらかといえば、生命保険会社の「営業戦略」、

つまり「売りやすさ」のためにあるのだと言っても良いでしょう。

◆プロのリアルな経験から言える、本当のこと
確かに、ファイナンシャルプランナーとしての私の経験上、「男女共用(?)」の医療保険のパンフレットよりも、「女性向け」の医療保険のパンフレットの方が、女性のお客様のウケが格段に良いのです。

ここまで、ご覧になった女性の読者様の中には…「なあんだ、私は生命保険会社に乗せられちゃったのね」と呟いていらっしゃる方もいるかも知れませんね。

でも、私は必ずしも「乗せられちゃった」とは言い切れないとも思います。

医療保険は「やっぱり女性の方がトクなのね」という面もありますし、また女性ゆえに気に掛けた方が良い点もあります。このあたりについては、次回以降で説明をしていきたいと思います。

<執筆者プロフィール>おおいずみ みのる
明星大学を卒業後、公務員、タクシー会社事故処理係、社会保険庁ねんきん電話相談員などを経て現在に至る。株式会社fpANSWER代表取締役、大泉稔1級FP技能士事務所主宰。CFP(R)認定者、1級FP技能士、生命保険大学課程、1種証券外務員。
関連記事
スポンサーリンク Ⅱ
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★