fc2ブログ
       

【今日のストレス 明日の病気】仕事が忙しくなるとつい…「ドカ食い」に注意


腹が減っては戦はできぬ-とはいうが、腹がいっぱいになっても戦にも行かずに寝ていれば、そりゃ太るのも無理はない。しかし、なんでストレスがたまると食べたくなるんでしょうね…。

 フリーライターのAさん(47)は、以前から太り気味だった。しかし6年前、一念発起でマラソンを始めたことからウエートロスに成功。80キロ台中盤だった体重は、「もう少しで60キロ台」とまでに減少した。

 ところが、彼には悪い癖がある。仕事が忙しくなると、いわゆる「ドカ食い」をするのだ。

 朝から深夜まで仕事をして、寝る前に缶の発泡酒を1本飲む。それくらいは世間も許してくれるだろう。しかしそれではおさまらない。夕食の残りがあればチンして食べる。それがなければカップラーメンを作って食べる。

それもなければ、ご飯を炊いたりスパゲティを茹でたり…。深夜に手の込んだ料理をする中年男は不気味だ。さっさと寝たほうがいい。

 「ストレスがたまると、食欲が出るのは仕方のないこと」と話すのは千葉県野田市にあるキッコーマン総合病院院長の久保田芳郎医師。その背景には血糖値とホルモンが関係しているという。

 「ストレス状態が続くと副腎から副腎皮質ホルモンが出てストレスと闘おうとします。これが長期に及ぶと副腎皮質ホルモンが枯渇してしまい、免疫力が低下してくる。

一方、ストレスがあると副腎髄質からはアドレナリンが分泌され、エネルギー代謝に影響して血糖値は低下。体は血糖値を上げようとして食欲が高まるのです」

 ストレスによる欲求とはいえ、そこで我慢できない心の弱さが、肥満へと後戻りさせるのだ。

 「できれば我慢すべきですが、どうしても食べたいのであれば、血糖値が上がるのを待ちながら、ゆっくり食べること。そうすればあまり量を食べないうちに満腹感が訪れて、食べ過ぎることはありません」(久保田医師)

 Aさんと付き合いの長い仕事関係者は、彼の体形で「今、忙しいか、そうでないか」の見分けがつくという。ずいぶんわかりやすい体質だが、決して羨(うらや)ましくはない。

関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ