あなたの健康はお金で買えますか・・・? 「もしかして私、汗臭い…?」全然臭わないイイ女でいるための3箇条
1

「もしかして私、汗臭い…?」全然臭わないイイ女でいるための3箇条

汗をかく季節になると、メイクの崩れと同じか、それ以上に気になるのが「ニオイ」の存在。「もしかして今の私、汗くさい?」と心配になるのって、思いのほかストレスになるからこそ、「汗とニオイ」の正しい知識と、簡単に出来る夏のニオイケアのポイントをご紹介したいと思います。

■1時間でペットボトル1本分の汗!?

人によって汗の量は変わりますが、通常、人は暑さを感じない快適な空間で過ごしても、1日あたり約900ミリリットルの汗をかくとされています。更に、汗をかいていると自覚するような暑い時期には、なんと1時間で400から500ミリリットルもの汗をかくのだとか。

■イイ女の常識!「ニオイ対策」基本行動3つ

(1)寝起きの汗を放置しない

実は、汗自体はほとんど臭いませんが、皮膚の上の細菌を汗の成分が分解したり、酸化させたりすることでニオイが発生します。ですから、汗を放置すればするほど、ニオイ発生のリスクは高まります。

ニオイの無い清潔な状態で一日をスタートするためにも、朝起きたらシャワーを浴びたり、汗を拭き取ったりすることがマストです。

(2)ハンカチではなく汗ふきシートでこまめに肌を拭きましょう

汗をかいた際にハンカチでぬぐっていませんか?ハンカチだと汗の水分をふきとることは出来ますが、細菌と一緒になった汚れまでは落とせません。

ニオイと汚れ、共に除去効果がある汗ふきシートなどで、こまめに汗をふきとるようにしましょう。もちろん一度に大量の汗をかいた場合はなるべく即座にシャワーを浴びるのがベター。

(3)「ニオイの原因となる5カ所」をシャワーで入念に洗い流す

体のパーツの中でも、皮脂や老廃物がたくさん出るとされているのは、「額」「胸の間」「背中の真ん中」そして「足の裏」。また、「ワキの下」もニオイが気になる箇所だからこそ、欠かさず洗いたいところ。この5カ所を入念に洗い流すことで、ニオイの発生をぐっと抑えることができます。

殺菌成分が含まれている石鹸を選べば効果倍増ですが、石鹸のすすぎ残しもまたニオイの原因になるからこそ、丁寧に流すようにしましょう。

自分のニオイって自分では今ひとつ分からないからこそ、汗をかいてしまうと、周りにゲンナリされていないか不安になってしまうもの。ストレスを感じないためにもニオイ対策はぬかりなく行いたいものですね。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】