あなたの健康はお金で買えますか・・・? 知らないうちになっている「髪ヤケド」!その防止と補修
1

知らないうちになっている「髪ヤケド」!その防止と補修

髪にまつわるトラブルが絶えず、何をしても改善されない…と悩んでいる方も多いのでは?それはもしかすると日々のドライヤーの使い方を間違っていることが原因かもしれません。

●ドライヤーによる「髪ヤケド」そのダメージとは?

ドライヤーやヘアアイロンを使うと、髪には熱が加えられており、それが原因となって髪にダメージを与えます。この熱によるダメージを「髪ヤケド」と呼びます。

健康でダメージがない髪なら、約60~70度の熱に耐えられるのですが、カラーリングやパーマなどによってダメージがある髪なら、60度が限界と言われています。

さらに、日々髪に熱を加え続けることで、髪の表面が溶け、キューティクルの隙間が塞がれて呼吸できなくなり、ハリやコシがなくなってしまいます。また、髪はタンパク質でできているので、熱が加わると変性して固くなってしまうことから、ゴワゴワしたり、くせ毛のような状態になったりするのです。

髪には神経が通っていないので、熱さを感じません。そのため、髪ヤケドに気が付かず、連日ドライヤーをかけ続けて症状を悪化させてしまう人が多いのです。

●髪ヤケドを防ぐ方法

髪はすでに死んだ細胞でできているため、修復することはできません。そのため、もう取り返しのつかないほどのダメージになってしまうと補修をすることもできなくなります。そうなる前にドライヤーの掛け方を見なおしましょう。

1.シャンプー後は、タオルで髪の水分をしっかり取り、できるだけドライヤーの使用時間が短くなるようにする。

2.ドライヤーを使う時は、なるべく髪から離すようにする。
頭皮が熱いと感じたら、髪はすでにヤケドをしている可能性があります。すぐに髪から離しましょう。

4.根元から毛先にかけて乾かすようにする。

5.髪が8割ほど乾いたら、冷風に切り替える。

●食事の改善で髪ヤケドを補修する

ドライヤーの掛け方を見直すだけでなく、低温ドライヤーを使ったり、肉や魚、卵、大豆食品などのタンパク質を摂取したりすることも髪ヤケドの修復には効果的です。髪ヤケドを進行させることがないように、日々のドライヤーの使い方を改めて、美しい髪をキープしましょう。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】