あなたの健康はお金で買えますか・・・? 冬の乾燥肌、男性もご用心 カサカサの解消には…【女医ドル】
1

冬の乾燥肌、男性もご用心 カサカサの解消には…【女医ドル】

今年は寒波が訪れ、例年より寒い日が続きます。寒くなってくると、お肌の乾燥やかゆみについてのご相談が増えます。

 男性は女性に比べると、皮脂量が多いため、あまり手入れをされない方も多いですね。でもよく見ると…お顔から粉を吹いている男性もいらっしゃいます。体のかゆみで、寝ている間に無意識にボリボリとかいてしまう方もいるのではないでしょうか。

 ではなぜ、冬にお肌は乾燥するのでしょうか。冬は、1年で最も空気が乾燥する時期なのです。さらに、気温が下がり、汗をかく機会が減るため、汗と皮脂が混ざり合ってできる「皮脂膜」が作られにくくなります。年齢とともに皮脂の分泌も低下していきますので、年々カサカサとしたお肌になっていくのです。

 生活習慣もそうです。朝の洗顔や水仕事で、ついお湯を使ってしまっていたり、熱めのお風呂にじっくりつかっていたり、という何気ない行動が、肌のうるおいを保つ皮脂膜を奪い、肌表面の角質層にダメージを与えバリア機能を低下させてしまうのです。

 バリア機能が低下すると、肌は過敏な状態になりますので、ちょっとした刺激にも敏感になりかゆみが起こります。肌に直接身に着ける下着の素材でも、かゆみを悪化させることがあります。

 では、日々どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

 部屋は加湿器を使うなどして、50-60%以下にならないように室内の湿度を保ちましょう。熱いお湯へ長く入るのをさけ、体を洗うときも、ナイロン製のものでごしごし洗わず、泡で優しく洗ってあげてください。

 お風呂上がりはしっかり水分をふいたうえで、乾いたお肌を保湿します。保湿には水分が重要ですので、まずはボディーローションをたっぷり塗ったうえで、保湿クリームでその蒸発を防ぐように塗ってください。

 このとき、パートナーと一緒に、お互いに体にローションや保湿クリームを塗りあってはいかがでしょうか。スキンシップしあうことで、乾いた身体だけではなく、心も一緒に満たされるはずです。実は…わが家で実践している、おススメの方法です(笑)。

■堀美慧(ほり・みえ) 美容外科医。広島市出身。久留米大学医学部医学科卒業。同大学病院外科学研修、大手美容外科院長を経て、医療法人 美輝会 みやざき美容クリニック理事長に就任。地元宮崎でラジオ番組にレギュラー出演。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】