あなたの健康はお金で買えますか・・・? 太りにくい体質になる方法 内科医・関由佳、ダイエット法を提案
1

太りにくい体質になる方法 内科医・関由佳、ダイエット法を提案

内科医、アンチエイジングアドバイザー、野菜ソムリエの関由佳が27日、都内にて初の書籍「ゆるゆる糖質オフダイエット」(28日発売、主婦の友社)の発売記念イベントを開催した。

イベントでは、同書の中のオススメメニュー「大豆粉パスタ」「サラダ」「ふすまパン」を参加者が試食。ダイエットについてトークショーを行った関は、「体にもよく、食べた後にも満足感のあるレシピを提供しています。

食事はライフスタイルの一部。頑張り過ぎず、長く楽しく続けられるダイエットの1つの方法として提案していますので是非、お気軽に試してください」と呼びかけた。

体のバランスを整えるためには、適量のタンパク質を適切な間隔でとることが大切と伝えている同書。「炭水化物:タンパク質:野菜」を「1:2:3」の割合で食べることによって、血糖値の上昇がゆるやかになり太りにくい体質になる、といった役に立つ情報が収録されている。(モデルプレス)

■関 由佳(せき ゆか)プロフィール

内科医、アンチエイジングアドバイザー、野菜ソムリエ

学生時代から予防医学に興味をもち、医食同源の考えのもと野菜を多く使ったバランス食を自ら実践。野菜の素晴らしさを広めたいと研修医時代に野菜ソムリエの資格を取得。現在都内2か所のクリニックにて内科外来やダイエット外来を行っている。ダイエット外来では分子栄養学を軸とし、一人一人にあったオーダーメイドのダイエット指導を実施している。

「Dr.Yukaの女医式ハッピーダイエット(http://ameblo.jp/dr-yuka/)」にて日々の食事法やレシピを掲載中。料理が趣味で学生時代にはカフェのキッチンでのバイト経験もあり、一人暮らしの女子向けレシピや、低糖質ダイエットレシピを得意とする。

毎日の食事でダイエット、血液・血管・細胞レベルでのアンチエイジング・病気の予防まで、食事で健康美人を目指し、2011年12月に料理サークル“Happy Aging Labo”を開設。メンバーには医師や看護師、薬剤師が参加。冷え症やダイエット、美肌など女性が気になる季節ごとのテーマに沿った料理イベントを開催している。

<資格>
・日本内科学会認定内科医
・日本糖尿病学会会員
・日本抗加齢医学会会員
・日本医師会認定産業医
・日本肥満予防健康協会肥満予防健康管理士
アンチエイジングアドバイザー、ダイエットアドバイザー
・日本野菜ソムリエ協会野菜ソムリエ
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】