あなたの健康はお金で買えますか・・・? 痩せる地道な努力は無用!? 食べる物より「いつ食べるか」が重要
1

痩せる地道な努力は無用!? 食べる物より「いつ食べるか」が重要

「365日ダイエット中」「あと3キロでも減れば……」そう思っている方は、一生懸命低カロリーのものを選んだり、油っぽいメニューを避けるなど気をつけているかもしれませんね。

でも“何を食べるか”よりも、“いつ食べるか”が減量には影響があった、という調査結果がわかりました。食べるものを気にする、そんな地道な努力をするよりも、今日から時計を気にしたほうがいいかもしれませんよ。

■ランチの時間が遅いと体重の減りが鈍い

アメリカのブライハム・アンド・ウイメンズ・ホスピタルとムルシア大学、タフツ大学の共同研究で明らかになったのは、遅い時間に食事を摂る人は早い時間に摂る人に比べて、体重の減りが少ないということでした。

この研究では、肥満の被験者420人を対象に20週間にわたって調査。まず2つのグループに分け、一日の総摂取カロリーの40%にあたる昼食を、一方は午後3時前の好きな時間に食べる組、もう一方を午後3時以降に食べる組としたところ、3時前に昼食を食べていたグループのほうが、体重の減りが多く、減る割合も顕著でした。

また体重の増減に関与するそのほかの原因として、食欲ホルモンのレプチンとグレリン、そして睡眠時間についても調べられましたが、これらについては2つのグループに違いはありませんでした。

■食事は早い時間に食べるがよし

これらの結果からわかったことは、このグループの減量には昼食を摂る時間だけが関わっているということ。食事を摂る時間が早いほど、体内に摂り入れた食べ物が日中のエネルギーとして消費されやすく、脂肪という形で身体に留まらないわけです。

「知らないと損!実は朝スイーツがダイエットに効果的という結果が」でもご紹介しているとおり、朝食や昼食にはたくさん食べて、夕方や夜の食事は控え目にすることがダイエット成功の秘訣といえるでしょう。

食べ物を前にすると、どうしてもメニューの内容ばかりに気をとられ、ダイエットに“励んだつもり”になっているかもしれませんが、本当は時計と毎日のスケジュールをよく頭に入れて、“何時に食べるか”を考えるべきなんですね。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】