あなたの健康はお金で買えますか・・・? 食べ過ぎを防ぐ10つの方法とは?「小さめの器に食事を盛り付ける」
1

食べ過ぎを防ぐ10つの方法とは?「小さめの器に食事を盛り付ける」

時折私たちは食べ過ぎてしまう時があります。誕生日やおばあちゃんの家に行ったりするとき、食べる量をコントロールするのは難しいでしょう。そんなあなたに食べ過ぎを防ぐための工夫をご紹介します。

1お腹がすいてないのに、口寂しくて何か食べているときってありませんか?そんなときはガムやキャンディーで紛らわすのはどうでしょう?

2一日中水分補給を怠らない事が空腹感を和らげ、食事中の水分補給も食べ過ぎを防ぎます。

3メインディッシュに取りかかる前にサラダを食べる事で食物繊維も摂れ、お腹も少し満たされるため食べ過ぎを防げます。

4小さめの器に食事を盛り付ける事で食べ過ぎを防げます。

5味わって1口を小さめにしてじっくり食べる事で脳が満腹感を察知し、盛りつけられた全てを食べ尽くすことを防げます。

6ダブダブのらくちんパンツではなくスリムフィットのパンツをはく事で食べ過ぎているとすぐ分かります。

7たくさん作りすぎた夕食やクッキー、ちょっと極端かもしれませんが、いらない分は捨ててしまう潔さも忘れずに。

8アルコールはカロリーもそれなりにありますが、それだけでなくあなたの判断力も鈍らせ、ガードも弱まってしまい、ついついお腹がいっぱいなのにお代わりやデザートに手を出しがちになります。アルコール摂取も制限しましょう。

9食べ物をみんなで分け合う事はカロリーの過剰摂取も防げます。一人で食べて多すぎるときは明日の分に摂っておきましょう。

10夜は食事をしたらすぐ歯を磨いてしまう事で間食を避ける事が出来るでしょう。

いかがでしたか?自分で早速実践できそうな方法は見つかりましたか?食べるとお腹がきついから問いってゆるい服やワンピースばかり着るのは危ないかもしれないですね。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】