あなたの健康はお金で買えますか・・・? ブルーライトの悪影響はPC用メガネでカットできる?
1

ブルーライトの悪影響はPC用メガネでカットできる?

1日中PCの前で作業をしていて、夕方くらいになると目の疲れを感じるという人はたくさんいます。そんな人たちへの救世主ともいえる、LEDディスプレイのブルーライトをカットし、目の疲れを軽減すると言われているPC用メガネ。そもそもブルーライトとはなんでしょうか?

ここでは、ブルーライトカットのPC用メガネについて簡単に解説します。
.
◆ブルーライトとは?

パソコンのモニターはもちろんスマートフォンの画面や部屋の照明など、LEDが様々な場所に使われるようになってきたことをきっかけにしてブルーライトの存在が注目されるようになってきています。

ブルーライトというのはその名の通り青色の光です。青色の光はもちろん自然にも存在しています。これが含まれている最も代表的なものは朝日です。私たちは朝日の青い光を浴びることで覚醒した状態になります。

◆ブルーライトは睡眠に影響があるの?

しかしLEDが多様されるようになってきた影響で、朝だけでなく夕方から夜にかけても常にブルーライトを浴び続けている状態になってしまっているのが現状です。

そのため常に覚醒状態が続いてしまい、夜中に眠らなくてはいけない状態なのに寝付けないといったことや、睡眠時間は充分なのに質の良い睡眠ができないといったことが表れてきています。あまり、ブルーライトに1日中晒されている状態というのは、睡眠に悪影響を及ぼすということが分かってきているのです。
.
◆ ブルーライトカットのPC用メガネって?

特に若い世代の人は、水晶球の濁りが少ないためブルーライトの影響を強く受けてしまいやすいと言われています。そのため、PC用メガネなどで余計なブルーライトから目を保護するということが必要になってくるのです。

ブルーライトをカットするというメガネをかけていると、パソコンのディスプレイなどの光が柔らかく優しい印象になりますし、目が疲れにくいと感じる人が多いようです。それまでパソコンの使用で眼精疲労を感じていた人には特に効果的なのではないでしょうか。

また、中には覚醒する感じが弱くなったと感じている人もいるようですので、ブルーライトを浴びることで目が覚めた状態になるのを低減させることもできると言えそうです。

このタイプのメガネにはレンズにうっすら黄色の色がついたものと透明なものとがあります。より多くブルーライトをカットしてくれるのは黄色味がかったものの方ですが、こちらですと色の調整をしなければいけない作業の際には不都合が生じるかもしれません。
.
◆ブルーライトの悪影響を防ぐには?

青い光はただそれだけでは悪いものとは言えませんが、それが1日中目に入る状態になっているというのが問題と言えます。目への負担も大きくなってしまいますし、睡眠にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

そのため、パソコンの使用時やゲームをする時などにPC用のメガネを着用しておくのは、ブルーライトの悪影響を防ぐ1つの方法です。また、同時にディスプレイの明りの具合を明る過ぎない状態に調節したり、ブルーライトの少ない色で表示させるなどの工夫もしていくと効果的です。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】