あなたの健康はお金で買えますか・・・? 正月太りを回避する裏ワザ5つ
1

正月太りを回避する裏ワザ5つ

「正月太り」という言葉がある通り、お正月は太る、というのが世間の常識。しかし、そんな常識を覆す、驚きの裏ワザがあるのはご存じですか?早速、紹介していきます。

1.初詣、新春セールに積極的に参加する

寒いからって、家に引きこもってはいけません。体を動かすことが、痩せへの第一歩。しっかり着込んで、歩きやすい靴を履き、初詣や新春セールに出掛けてみてください。

2.五本指ソックスを履く

血のめぐりが悪いと、痩せにくくなります。特に「足の冷え」は重要な問題。そこで、五本指ソックスをオススメします。指が開くことはもちろん、指のつけ根に刺激が加わるため、血のめぐりがよくなります。普通の靴下の重ね履きをするなら、一枚の五本指ソックスのほうが断然いいですよ。

3.おやつは「なんちゃっていとこ煮」

お正月のおやつは「いとこ煮」がおすすめです。「いとこ煮」とは、日本各地に伝わる郷土料理で、一言で言うなら「小豆と色とりどりの野菜を煮物」です。ここで、簡単な「いとこ煮」をご紹介します。

材料は、小豆とカボチャ。その二つを、さっと煮てみてください。砂糖は不要。カボチャの甘みで充分なのです。

この「なんちゃっていとこ煮」はローカロリーなのはもちろん、カボチャに含まれる「ビタミンA」で美肌を作り、小豆に含まれる「サポニン」でむくみを解消できるのです。

4.お餅には大根おろしがオススメ

お正月といえば、やっぱりお餅。お餅には何をつけますか?醤油+海苔?きなこ+砂糖?好みは人それぞれだと思いますが、「大根おろし+少量の醤油」がオススメです。

さっぱり食べられるのもそうですが、大根に多く含まれるビタミンCと酵素が、消化吸収を高めます。ということは、便秘にもいいということ。お餅には、「大根おろし+少量の醤油」でサッパリ召し上がってみてはいかがでしょうか?

5.ビールではなく、熱燗・焼酎のお湯割りを飲む

「お正月料理+ビール」は最高の組み合わせですよね。しかし、ビールは我慢しましょう。ビールは体を冷やしてしまうのです。冷えは太る原因になります。熱燗・焼酎のお湯割りなら、血のめぐりをよくし、体を温めることができます。しかし、飲みすぎは、冷えに繋がりますので、適量に留めておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

これらを実践すれば、お正月太りを回避し、冬でも痩せにくい体質を作れます。ぜひ、試してみてくださいね。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】