あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【気になるこの症状】アルツハイマー病 早期発見と進行遅らせることが大切 生活習慣病の管理が効果的
1

【気になるこの症状】アルツハイマー病 早期発見と進行遅らせることが大切 生活習慣病の管理が効果的

9月21日は「世界アルツハイマーデー」。国内の認知症患者は約462万人と推計され、そのうち約7割を占めるのがアルツハイマー型認知症だ。今のところ症状を止めたり根治はできないが、早期発見で進行を遅らせることが大切になる。

 【発症を疑うポイント】

 アルツハイマーを発症すると、昔のことは記憶しているが、直前の出来事が記憶できなくなる。さいたま市の認知症疾患医療センターに指定されている社会福祉法人シナプス・埼玉精神神経センターの丸木雄一センター長が説明する。

 「アルツハイマー型認知症を最初に疑うポイントは2つ。もの忘れがあること。それから家事や買い物など、いままでできたことが何かできなくなったら受診させた方がいいでしょう」

 加齢によるもの忘れは「ご飯に何を食べたか思い出せない」だが、アルツハイマーのもの忘れは「ご飯を食べたこと自体を忘れる」のが特徴だ。

 【持病の管理が大切】

 原因は、脳にβ(ベータ)アミロイドという異常なタンパク質が蓄積し、神経細胞内にタウタンパクがたまり、神経細胞が死滅することで発症すると考えられている。だが、なぜ蓄積するかは分かっていない。進行すると脳が萎縮するので、MRI画像で見ると脳実質がスカスカになってくる。

 「アルツハイマーは主に65歳以上に発症するが、40代の頃から意識した方がいい。体質的にβアミロイドが蓄積しやすい人がいて、糖尿病や高血圧、脂質異常症があると、さらにたまりやすくなる。40代からの生活習慣病の管理は、後のアルツハイマーの発症を遅らせるのです」

 認知症の前段階といえる軽度認知機能障害の高齢者も約400万人いると推計されている。脳の血流を調べるスペクト(脳血流画像)や脳脊髄液検査でアルツハイマーに進展する可能性があれば治療対象になるという。

 【治療は脳の活性化】

 現時点では失われた記憶を回復させたり、根治させる薬はないので、治療は症状の進行を遅らせることが目的になる。薬物療法と非薬物療法があり、薬は経口薬の3種と貼り薬の1種が保険適用になっている。

 「脳に刺激を与えて、頭の働きを活発にすることが大切です。非薬物療法では、デイサービスに通ったり、グランドゴルフや囲碁、カラオケなどいろいろな活動を行い、第三者と接することが肝心なので、散歩などの運動習慣も夫婦でやるといい。それから生活習慣病のコントロールです。非薬物療法はきちんとやれば薬と同等の効果があります」

 通常のアルツハイマーの症状はゆっくり進行し、経過は3-4年から10数年と個人差が大きい。中等度以上にみられる徘徊(はいかい)を防ぐためにも早期発見が大切だ。

《アルツハイマー病の症状》
【中核症状】
・記憶障害(もの忘れ)
・判断力の低下
・話している言葉が理解できない
・時間や場所が分からない
【周辺症状】
イライラ、興奮、暴力行為、妄想、鬱状態など
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】