fc2ブログ
       

危険!良くなるどころか逆に体が悪くなるNGマッサージ3つ


残業続きの毎日で体がヘトヘト、家事や育児に追われる毎日、そんな中、たまに行くマッサージが至福のとき。だけど、マッサージあとに“もみ返し”、“気持ちが悪い”、“めまい”などを感じたことありませんか? 

気持ちいいはずのマッサージでもほぐし方によっては生命に関わる危険性もあるんです。

足うらやふくらはぎのマッサージは健康になるために行うものです。だから体調を悪くするようなほぐし方は避けてください。今回はマッサージを行う際の注意についてお伝えしたいと思います。

■1:食事のすぐあとは危険!

食事をしたあとは、足うらやふくらはぎをほぐさないでください。足うらは内蔵と繋がっています。ですから、消化などの活動で内蔵が疲れている状態で足うらをほぐすと体がだるくなり気分が悪くなることがあります。だいたい食後2時間は空けて内蔵の活動が落ち着いたころに行うことをおすすめします。

■2:激痛のほぐし方は危険!

よく、「痛いくらいでないとマッサージした感じがしない」という人がいますが、これは注意してください。臓器への刺激が強すぎて、めまいや吐き気を感じることもあります。少しもんだだけで激痛のある場所は避けて、少し痛気持ちいいくらいの力加減でほぐしてあげましょう。強い力を与えるのもよくありません。

■3:妊娠初期は注意して!

妊娠中は体液の流れが滞るため、足うらとふくらはぎのマッサージは効果的です。ですが、妊娠初期は、体液の流れがよくなりすぎて体調を崩してしまうことがあるので避けてください。胎児に影響をあたえる危険性もあるので注意してください。

ふくらはぎをほぐすと、むくみが解消され、体のなかの老廃物が排出します。足うらをほぐすと、臓器の不調を整え、心と体の状態がよくなります。足うらとふくらはぎのマッサージは特別な道具も使わず、シンプルで簡単にできます。ふくらはぎだけではなく、できれば両方ほぐしてあげてください。

そして、マッサージを行う際の注意として、上記のことを知っておくと安全・安心ですよね。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ