あなたの健康はお金で買えますか・・・? 習慣にしてしまえばリバウンド回避間違いなし!簡単にできるダイエット法
1

習慣にしてしまえばリバウンド回避間違いなし!簡単にできるダイエット法


キンと冷えたアイスコーヒーや炭酸飲料より、ぽかぽかのホットドリンクが恋しい季節になりました。あなたは仕事や家事のブレイクタイムに、どんな飲み物を選んでいますか?

片岡物産株式会社が女性800名を対象に実施した健康意識調査によると、実年齢より若々しく美しい女性の多くが、“ある飲み物”を意識して選んでいることが判明! その驚きの結果を紹介します。

20代の体型を維持できている女性はたった35%

オランダのココアブランド『VAN HOUTEN COCOA(バンホーテンココア)』の輸入・販売を行う片岡物産株式会社が、全国に住む30~60代の女性800名に“ポリフェノールとココアに関する健康意識調査”をインターネットにて実施しました。

「現在のご自身の体型と20代の頃の体型と比較したとき、体型維持ができているか」という質問では、全体の7割(65.3%)が「できていない」と回答。一方で、「できている」と答えた女性(34.8%)のうち9割(89.6%)が、化粧やスキンケアなどで外見をキレイにすることだけでなく、生活習慣や食生活の改善で体の内側からも綺麗になりたいと考えている、“自活インナー美人”であるという結果に。

インナー美人でいたいけど…多くの女性が美容難民

美容に関心がある女性の3人に1人(31.9%)が、「体の内側からキレイになるためにしていることはありますか?」という質問に「飲み物に気を配る」と回答しました。

一方で、美容に関心がある女性に、「美容や健康のために、どのような成分が含まれている飲み物を摂取すれば良いか知っていますか?」と聞くと、全体の7割(69.9%)が、「わからない」と回答。多くの女性が“インナー美容難民”であることが判明しました。

「見た目-10歳」女性の3人1人が摂っている成分は?

さらに、実際の年齢より6~10歳若く見られる人のうち、3人1人(35.7%)が「ポリフェノールを意識して摂取している」と回答。

また、意識して摂取している人のうち、12~14時の昼食時間帯にほっと一息つけるような贅沢な時間“おひとリッチ時間”がある女性は、特に若く見られているということも判明。上手にストレスオフできることが、若さや美しさにつながるのかもしれませんね。

ポリフェノールたっぷりの飲み物2つ

若々しい人が摂取しているポリフェノール。では、どんなものにポリフェノールが含まれているのでしょうか。オススメのドリンクが以下の2つ。

(1)ココア

ココアには、カカオ・ポリフェノールがたっぷり。また、過去記事「この冬は“寒冬”傾向!冷えを改善してくれるポカポカ飲み物3つ」ではココアのテオブロミンという成分が血管を拡張して、末梢部分の血液のめぐりが改善されるとご紹介しています。まさに寒い時期にぴったりの飲み物なんですね。

(2)アセロラドリンク

過去記事「飲むだけで美白ケア!“身近なドリンク2つ”で日差しに負けない肌に」によると、アセロラドリンクはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持つアントシアニンを豊富に含んでいるので、美白対策に効果的なんだそう。

ただしポリフェノールは水に溶ける性質があり、一度にたくさん摂っても一定量以上は体から排出されてしまうので気をつけましょう。毎日適量をこまめに摂ることが吸収率を高めるポイントです。

美しさとポリフェノールとには密接な関係があることを実感する調査結果ですね。これからはホッと一息つくときにはココアやホットのアセロラドリンクをお供にしてはいかがでしょうか。



2017-10-17(14:11) :
■美容・ヘルス :






習慣にしてしまえばリバウンド回避間違いなし!簡単にできるダイエット法

せっかく痩せたのにリバウンドした!その原因は続けていないからかも…。続けられないのはもしかしてあなたのダイエットのやり方に無理があるのでは?生活習慣を見直し、無理ない形で続けられる運動をルーティン化しましょう。

痩せやすいことをルーティン化する=痩せる!

出典:Lemau Studio/Shutterstock.com

ルーティンワークという考え方を嫌う方がおられます。

機械のように毎日同じ行動を繰りかえすことに飽き飽きしているのかもしれません。

確かに毎日代わり映えのしない日々を送るのは退屈かもしれませんが、ダイエットにおいては「ルーティンワーク」というのは成功の秘訣でもあります。

ルーティン化する、つまり良い行動パターンを習慣化すると、しないことが逆に気持ち悪く感じるようになります。

始めは重い腰をあげて嫌々行っていたようなことも、習慣化されると少ないエネルギーでストレスなくできるようになるものです。

体重がリバウンドしやすい理由

出典:SAJE/Shutterstock.com

ダイエットといえば「運動」や「ストレッチ」「食事制限」。

面倒で過酷と思われがちなものがダイエットに一番効果的だったりするのでダイエットを成功させるのは容易なことではありません。

6割の方がダイエットを途中で断念するか、成功してもリバウンドしていると言われています。

その理由として

●続かない

●目標体重まで行ったらよい習慣を急にやめてしまう

●ストレスがたまって食べ過ぎてしまう

逆を言えば

●続けやすいダイエットを選ぶ

●目標達成しても習慣化できるものを選ぶ

●ストレスにならないものを選ぶ

ことが出来ればダイエットは成功しやすいということ♪

今回は毎日の生活に組み込んでしまえば一生続けられる、簡単ダイエットをご紹介します。

毎日習慣化したい!4つの簡単ダイエット

出典:Africa Studio/Shutterstock.com

毎朝10分ストレッチ

出典:megaflopp/Shutterstock.com

毎日30分~1時間の運動が理想的ですが、初めからそれだけの時間を運動に費やすのは難しい。

続けられなくなっては意味がありません。大切なのは続けること。

そこでまずは毎朝10分早く起きて、ラジオ体操から始めましょう。

ラジオ体操は屈伸運動からひねり、ジャンプまで全身をくまなくストレッチし、代謝をあげる動きが詰め込まれています。

朝起きてベッドからでてすぐ運動を始めましょう。

雨でも寒い冬でも関係ないので続けやすい!

朝運動することのメリットは他にもあります。

夜寝ている間に体の血流は滞り、代謝が落ちています。

そこで朝ストレッチをすることで、朝から血流をアップし、その後の活動で痩せやすい体を作ることが出来ます。

脳にも血流と酸素を巡らせることで、朝からスッキリ!

仕事のミスも少なくなるかも?

朝白湯をいっぱい飲む

出典:Africa Studio/Shutterstock.com

代謝アップ効果のある白湯。

睡眠時に失った水分をしっかり補給させるだけでなく、胃を刺激し交感神経を優位にさせて朝からシャキっとモードに切り替えてくれます。

水ではなく白湯を飲むことで体温をアップさせ、老廃物を出しやすくしたり、血行を良くし、代謝もアップ!痩せやすい体になります。

出勤時のウォーキングを習慣化

出典:Diego Cervo/Shutterstock.com

早朝のウォーキングや仕事から帰った後のランニングは面倒くさい。ついつい「今日はお休み」となってしまいがち。ウォーキングなどは「絶対に行かないといけない」範囲と時間帯に合わせることで習慣化させることができます。例えば出勤時に一駅分歩くとか、駅までバスで行く代わりに自転車で行くと言った方法です。

週5日は必ず出勤しないといけないのでサボることはできません。そのうえ、わざわざウォーキングに出向くのではなく「出勤」しながら「運動」もできる一石二鳥の達成感が続けやすくさせてくれます♪

毎日の出勤時のウォーキングが習慣化すればダイエット達成後も体重維持しやすくなります。

ベッドの上で寝る前ストレッチ

出典:BigLike Images/Shutterstock.com

寝る前ベッドの上で「寝る前ストレッチ」を行いましょう。

朝のストレッチが脳を起こしシャキっとモードに変えるものとすれば、寝る前のストレッチは体を温め、快眠を誘うストレッチであるべきです。

ベッドに横になり、両足裏を合わせて両膝を開きます。

蛙のようなポーズで股関節を伸ばします。

股関節や膝裏にはリンパ節と言われる老廃物を流す出口が。

ここを刺激し、老廃物をキレイに流すようにします。

続いてその状態で上半身を少し起こし、おへそを見るようにし10秒キープ。

その際呼吸はし続けるようにします。腹筋が鍛えられているのを感じましょう。

3秒休憩して再び上半身を起こしてキープ。

3セット繰り返したら、エビ反りをして腹筋を伸ばしてください。

つぎは仰向けに寝転がり、両手両足を上に上げてブルブルとふります。

足に溜まったリンパ液や血液を心臓に戻すイメージで。

足のむくみを取り、血行を良くします。

ダイエットで大切なのは「持続性」。

ストレスの多いものを嫌々行っていても続きません。

毎日の生活に体を痩せやすくする習慣をいかに上手に組み込むかが、成功の秘訣です!

痩せた自分を想像しつつ取り組みましょう。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】