あなたの健康はお金で買えますか・・・? 今からできる「花粉症対策」5つ
1

今からできる「花粉症対策」5つ

くしゃみ、鼻水、喉のかゆみ…花粉症の季節がくるのが怖い方は、いませんか?

花粉症を完治させることは難しいですが、今から紹介する5つの対策を実践すれば、症状を和らげることができます。

1.日本の味「ご飯・味噌汁・漬物・サバの塩焼き」を食べる

想像してみてください。ホカホカのご飯、あったかい味噌汁、サッパリした漬物、ふっくらとしたサバの塩焼き…。まさに、日本の食卓という感じがしますよね。実はこのメニュー、花粉症に効果があるんです。

まず、味噌汁と漬物。これらは、お腹にいい「乳酸菌」が多く含まれます。実は、お腹と花粉症の関係は密接。腸内環境が悪いと、ウイルスのような異物を体に留まらせてしまうのです。

次に、サバの塩焼き。サバ以外にも、アジ、イワシ、サンマといった青魚ならOKです。青魚には、アレルギーの症状を抑える、EPA、DHAが多く含まれています。美味しいだけではなく、花粉症にも効くんです。日本の美味しい味、お忘れの方、いませんか?

2.焼鳥は「レバー」をチョイス

粘膜を保護してくれるビタミンB群。それが豊富に含まれているのが、レバーです。焼鳥を食べる機会があれば、必ずレバーをチョイスしましょう。ただし、食べ過ぎは太る原因になるので、気をつけましょうね。

3.「ご褒美チョコ」はほどほどに

自分へのご褒美に、甘いもの。特に、高級なチョコレートは美味しいですよね。いくらでも食べられちゃいそうです。

しかし、それは危険。甘いものを大量に摂ると、血糖値が急激に上昇。そして、インスリンが血糖値を下げ、今度は血糖値を正常にするため、アドレナリンが出ます。これはストレスにつながります。

そうです、ストレスも花粉症を悪化させる要因の一つなのです。「ご褒美チョコ」はほどほどにしましょうね。

4.デザートは「ヨーグルト+いちご」

チョコが食べられなくても、ヘルシーで美味しいデザートがあります。ずばり、ヨーグルトです。花粉症を防ぐには、お腹の調子を整えることが大事ですから、ヨーグルトは打ってつけです。

そして、ヨーグルトにはイチゴを入れるのがオススメ。イチゴはビタミンCが豊富です。花粉症の薬は抗ヒスタミン薬が主流ですが、ビタミンCにも、この薬と同じ効果があるのです。ヨーグルトとイチゴの組み合わせは、「花粉症対策デザート」と言えるでしょう。

5.シャンプー、リンスはしっかり洗い流す

シャンプー、リンスに含まれる「界面活性剤」が、鼻や目の粘膜バリア機能を低下させる、と唱える専門家がいます。心配な人には、石鹸シャンプーがオススメ。ですが、髪がゴワゴワしてしまう可能性大です。

シャンプーやリンスは髪をサラサラにするために開発されたもの。女子にとっては、必要不可欠なアイテム。鼻や目の粘膜バリアを守りたいなら、しっかり洗い流すことが大切です。

いかがでしたか?

花粉症に負けない体づくり、始めるなら今ですよ。同時に健康にもなって、いいことづくめです。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】