あなたの健康はお金で買えますか・・・? 逆流性食道炎の具体的な症状
1

逆流性食道炎の具体的な症状

代表的な症状は「胸焼け」と「呑酸」

「逆流性食道炎」とは、胃や小腸などの消化液が、何らかの理由で逆流し、食道の粘膜が消化されて、炎症を起こしてしまう病気です。

代表的な症状は「胸焼け」で、「胸のあたりがチリチリ焼けるように痛む」「胸のあたりが重苦しい」「胸に何ともいえない嫌な感じがする」など、胸に不快感を感じるケースが多いようです。

また、口や、のどに酸っぱい胃液がこみ上げてくる「呑酸(どんさん)」という症状もよくみられます。呑酸は、ほかの病気で起こることはなく、逆流性食道炎特有の症状です。

ほかにもこんな症状が

胸のつかえ…食道は、蠕動運動(ぜんどううんどう)によって、食べ物を胃へ運びますが、食道が炎症を起こしていると、蠕動運動の機能が低下し、食べ物が胸のあたりでつかえ、スムーズに飲み込めなくなります。

胸の痛み…胃液の逆流は、お腹に力を入れたりして、腹圧が上昇したときによく起こりますが、このときに、胸に激痛が走ることがあります。痛みの原因は、胃酸に刺激された食道が、けいれんを起こすからではないかといわれています。

喉の違和感・慢性のせき…食道の一番口に近い部分には、「喉頭(こうとう)」という肺に通じる気管の入り口があります。

逆流した胃液で、この喉頭の粘膜が炎症を起こすと、咳が止まらなくなったり、声がかすれたり、出にくくなったりすることがあります。

症状が似ている病気に注意

逆流性食道炎は、基本的に、それほど危険な病気ではありませんが、症状が似ている病気の中には、命に関わるようなものもあります。自己判断で、逆流性食道炎だと決めつけないようにしましょう。

胸が締めつけられるように痛い…「狭心症」や「心筋梗塞」でもみられる症状です。一度でもそのような症状があったら、心疾患の痛みでないかどうかを検査しに行きましょう。

食べ物を飲み込むときにつかえる…「食道がん」の典型的な症状です。

食道がんは、初期にはほとんど自覚症状がないので、自覚症状を感じたときは、ある程度、がんが進行しています。「飲み込みにくい」と感じたら、内視鏡検査を受けに行きましょう。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】