あなたの健康はお金で買えますか・・・? 逆流性食道炎を引き起こす食事
1

逆流性食道炎を引き起こす食事

欧米化した食事

「逆流性食道炎」は、もともと欧米人に多い病気で、日本人には、あまり馴染みのないものでした。

しかし日本でも、どんどんその数が増えてきています。胃カメラ検査で発見される病気の中で、現在もっとも多いのは、逆流性食道炎だといわれています。

日本で逆流性食道炎の患者が増えている要因には、さまざまなものが考えられますが、その1つは、食生活の欧米化によって、肉類や乳製品、油っこいものなど、脂肪やタンパク質を多く摂るようになったことです。

食道と胃の境目には、「下部食道括約筋」と呼ばれる筋肉があり、通常であれば食べ物が通るとき以外は、胃の内容物が逆流しないように、ギュッと閉じています。

しかし、脂肪を摂り過ぎると、消化を助けるために「コレシストキニン」という消化管ホルモンが分泌され、このホルモンの作用によって、下部食道括約筋を緩んでしまうのです。

また、脂肪の多い食事をすると、胃の活動が活発になり過ぎて、胃酸の分泌量が増えます。そして、タンパク質の多い食事は、消化に時間がかかり、胃での滞留時間が長くなります。

これらのことから、欧米的な食生活は、逆流性食道炎を招きやすいのです。

こんな食生活にも注意

逆流性食道炎を引き起こしやすい食事は、ほかにも、次のようなものがあります。

食べ過ぎ・肥満…一度にたくさん食べると、胃が
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】