あなたの健康はお金で買えますか・・・? ハンドドライヤーで細菌が27倍に増殖……
1

ハンドドライヤーで細菌が27倍に増殖……

◆トイレの乾燥機は衛生的? ハンドドライヤーの危険性

駅やデパート、ホテル、ショッピングセンターなど、街中のトイレに設置されている「ハンドドライヤー」。基本的にはヘアドライヤーと同じ原理で、空気を使って乾燥させる機械です。ハンドドライヤーには、高出力の空気(ジェット・エア)で水滴を飛ばし乾燥させるタイプと、暖かい空気で乾燥させるタイプがあります。

ハンドドライヤーは電気を使用する一方、ハンカチを出す必要もなく、ゴミも出ないため、便利でエコだと考えられています。しかし、便利なものにはやはり不安視される点もあるようで、英国リーズ大学はある研究を行い、「ハンドドライヤーの危険性」を指摘しました。
.
◆便利なハンドドライヤーが細菌拡散の原因に?

英国リーズ大学が行った研究の実験内容は、通常存在しない乳酸菌で参加者の手を汚染させ、ドライヤーの周りと1メートル離れた場所で細菌を採取するというもの。研究にあたり、高出力の空気で乾燥させるタイプと暖かい空気で乾燥させるタイプのものの2つのハンドドライヤーを使用し、比較検討したようです。

結果は以下の通りで、ペーパータオルで拭きとった場合に比べ、ハンドドライヤーで乾かした場合の細菌数が圧倒的に多いことが判明しました。つまり、ハンドドライヤーは手についている細菌を拡散させる恐れがあるということです。

・ジェット・エアで水滴を飛ばし、乾燥させるタイプ:約27倍
・暖かい空気で乾燥させるタイプ:約6倍

本研究ではさらに、ハンドドライヤーを使用した後の細菌の状態も検証しています。細菌は「ドライヤー近くの空気中に15秒間とどまる上、5分以上経っても48%、15分以上でもまだ残っていた」と報告されています。

この研究から、公衆トイレのハンドドライヤーで手を乾かすことによって、自分の手に付いた細菌を広め、かつ他人の手に付いた細菌をもらってしまう可能性があると言えるでしょう。特にトイレの場合、便には多くの細菌が含まれていますから、手洗いが不十分の場合、細菌を移し、移される状況になってしまうことが考えられます。

では、この状況を防ぐためには、どうすれば良いのでしょうか?

◆正しい手洗いの徹底と、ハンドドライヤーの正しい使い方

ハンドドライヤーで細菌を拡散させないために大切なのは、「とにかく手をきれいに洗うこと」です。手洗いの基本をおろそかにせず、石鹸を手につけて、爪や指と指の間から、手首までしっかりと洗い、流水で洗い流しましょう。正しい手洗いの順序は以下の通りです。

・十分に石鹸で泡立てる
・手全体をすり合わせる
・指の間をしっかりと洗う
・爪の間、指先をすり合わせる
・手首までしっかりと洗う
・様々な方面で5回ずつすり合わせる
・流水を使用し、しっかりと洗い流す

……しっかりと手を洗うことで、手に付着した細菌をかなり減らすことができます。つまり、一人ひとりがしっかりと手を洗うことで、細菌が広がることはなくなり、ハンドドライヤーも安全かつ衛生的な便利なものとして使うことができるのです。

水、栄養、温度は、人間だけではなく、菌やウイルスにとっても必要なもの。そのため、人の汗や体温によって、細菌やウイルスが短時間で増殖する環境が整ってしまいます。手をこまめにしっかりと洗うことで、細菌やウイルスを減らすとともに、汗なども洗い流すようにしましょう。

なお、ほかの人によって広がった細菌が付着している可能性が否定できないため、ハンドドライヤーそのものには触れない方が良いでしょう。現実的には難しいかもしれませんが、医学的な安全さを考えるのであれば、前の人が使ってから15分以上過ぎてからの使用が望ましいです。ハンドドライヤーのような便利な器具は、適切に使用してこそ効果があるとも言えます。

手洗いは病院内での感染症の予防に、最も重要で基本的な方法です。医療機関では、こまめに手を洗い、ハンドドライヤーではなく、ペーパータオルを使用して手を乾かします。
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】