あなたの健康はお金で買えますか・・・? セレブも実践 “脂肪を摂りまくる”ダイエットが米国で話題
1

セレブも実践 “脂肪を摂りまくる”ダイエットが米国で話題

コラム【ニューヨークからお届けします】

 ダイエットのトレンドは目まぐるしく変わります。いま注目されているのは、「ケトン体ダイエット」あるいは「ケトジェニックダイエット」と呼ばれる方法です。ミック・ジャガーから、リアリティーTVスターのキム・カーダシアンまで実践していると伝えられています。

 基本は、卵、肉、チーズなどを中心に、高脂質&低炭水化物で適度なタンパク質を含んだ食事を取るというものです。一般的に総カロリーのうち脂肪30%、炭水化物55%が良しとされるのに対し、ケトン体ダイエットは脂肪80%、炭水化物は5%と極端にバランスが異なります。

 このような高脂質&低炭水化物の食事が続くと、肝臓が「ケトン体」という物質を生成して体がケトン状態になり、脂肪を代謝させてエネルギーに換える。つまり、脂肪を燃やして痩せる――という仕組みなのだそうです。

 もともとは子供のてんかん予防のために広まりました。体にケトン体が増えるとてんかんの発作が減ると分かったからです。さらにケトン体増加で血糖値安定、高エネルギーキープ、そして高脂肪食で腸の働きを高めるなどのメリットが報告されています。

 一方で、デメリットも多いといわれます。食事を急に高脂質&低炭水化物に替えると、体がそれに慣れるまで時間がかかります。人によっては数日から数週間、頭がボーッとする、筋肉のけいれん、全身の疲労、場合によっては下痢や吐き気を伴うこともあるそうです。血糖値低下によるイライラも。

 医療関係者は「ケトン体ダイエットをやる時は必ず栄養士やダイエットの専門家の指導を受けるように」と呼びかけています。肝臓に疾患がある人や妊婦には向かないことも強調しています。

(シェリーめぐみ/ジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター)
関連記事
カテゴリ
最新記事
★★互助会推薦★★
ホテル最安値の簡単検索
比較サイト【トリバゴ】