あなたの健康はお金で買えますか・・・? 空耳増えて面倒と言われた男性 認知症の初期症状だった
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

空耳増えて面倒と言われた男性 認知症の初期症状だった 

「家族はみんな、“お父さん、最近空耳が増えて面倒ね”と適当に流していました。それがまさか、認知症の初期症状だったなんて……」

 そう肩を落とすのは、千葉県在住の60歳の主婦だ。2歳年上の夫は、50代半ばで耳の聞こえが悪化した。

「テレビを観ていてもやたらと音量を上げるようになり、家族が何も話していないのに、『え、何か言った?』と聞くことが増えた。帰省した娘に“そこのお菓子取って”と言われ“お箸”を渡そうとするなど、その頃は笑い話で済んでいたのですが……」

 夫の聞き間違いはどんどん酷くなり、それとともに無口になっていった。定年後は自宅に引きこもるようになり、やがて物忘れが激しくなったという。

「結局、夫は認知症と診断されました。医師から『耳の異変が最初の兆候だったと思う』と告げられてショックでした」

 これは決して特殊な例ではない。今年7月、英国の医学誌『ランセット』に発表された論文は、「中年期(45~65歳)の聴力低下」を認知症の最も大きなリスク要因に挙げた。さらに「中年期に耳が悪くなると、9~17年後に認知症が増える」と警鐘を鳴らしている。

 このように、ちょっとした耳の異変が認知症の引き金になることは、専門家の間では常識になりつつある。

「米国の研究では、高度の難聴では認知症の発症リスクが5倍になるとの報告もあります。厚労省の『認知症施策推進総合戦略』でも、認知症の危険因子として難聴を挙げています」(藤沢御所見病院院長で耳鼻咽喉科医の山中昇医師)
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2017/10/21 07:13 ) Category ■うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR