あなたの健康はお金で買えますか・・・? •【日本の名医】高橋由伸も現役時代に治療を受け完全復活!“神の手”を持つ整形外科医とは
fc2ブログ

•【日本の名医】高橋由伸も現役時代に治療を受け完全復活!“神の手”を持つ整形外科医とは

重症の患者や痛みに長年苦しんでいる人を救う外科医。自身の技術を上達させ、患者の負担が少ない低侵襲の手術を実践する名医に、週刊朝日MOOK「『名医』の最新治療」で迫った。その中から、出沢明PEDクリニック院長で、帝京大学溝口病院客員教授でもある、出沢明医師(64)を紹介する。

■虫の目と鳥の目で、手術する

「この綿みたいなのが、ヘルニアの原因の髄核です。鉗子でつまんで、取り出していきます」

 2016年10月上旬、東京・二子玉川駅前にある出沢明PEDクリニック。広さ8畳ほどの手術室には、心地よいクラシック音楽がかかっている。この日手術を受けるのは長野県から来た男性(70代)だ。長年患っていた腰椎椎間板ヘルニア(以下ヘルニア)が悪化し、歩行が困難になった。

 ヘルニアとは背骨を形成する腰椎と腰椎の間にある組織(髄核)が飛び出し、神経を圧迫する病気。日本人の約120万人がヘルニアと言われている。出沢医師は自ら開発した特別な内視鏡を使い、手際よく痛みの原因である髄核を取っていく。

「少しだけチクッとしますよ」

 部分麻酔のため患者と会話もできる。この日の手術はわずか1時間で終了した。

「もう大丈夫です。2、3時間もすれば歩けるし、明日には退院できるはずです」

 医師の言葉に、信じられないという表情の男性。ベッドから丁重にお礼を述べた。

 この出沢医師の手術は「PED法(経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術)」と呼ばれる。患者の負担の少ない超低侵襲治療で、2003年に出沢医師が日本で初めて取り入れた。

「ヘルニアの手術方法はいくつかあり、背中側を3~4センチ切って、神経の束を器具でよけながら髄核を取るのが一般的です。また2センチほどの切り口から内視鏡を入れて手術する方法もあります。いずれも全身麻酔下で行われ、1週間~10日ほどの入院が必要です。患者さんからは『もっと早く復帰したい』との声が多くあり、医療機器メーカーにアイデアを出しながらPEDを完成させました」

■手術後2時間で歩くことも可能に

 PED法ではまず患者に部分麻酔をかけ、先端に超小型カメラがついた直径8ミリほどの管を背中に入れる。モニターに映し出される映像で患部の状態を確認しながら、管に鉗子を入れる。鉗子を右手で動かし、神経を圧迫している髄核にたどり着いたら、慎重に取り出していく。

 管の先端からは生理食塩水が出るため、視界不良が起こりにくい。また局所麻酔なので患者と会話ができ、神経症状の有無を確認しながら進められる。

 手術はおおむね1時間~1時間半で終わる。個人差はあるが、術後2~3時間で歩くことができ、翌日には退院できる。日帰り手術も可能で、保険も適用される。ヘルニアで車椅子を利用していた人が、1週間後にはゴルフを再開したというケースも珍しくない。

 読売巨人軍の高橋由伸監督が現役だった09年、ヘルニアに苦しみ、出沢医師のPED手術を受けた。翌年、見事に復活を果たし、打席に立ち続けた。

「サッカーJリーグの選手もみえます。トップアスリートは手術で日常生活ができるようになるだけではだめで、95%以上回復させなければいけない。だから余計に緊張します。術後のリハビリを経て、復帰されたときは感慨深いです」
 PEDは術後の再発率が低いのも大きな特徴だ。ヘルニアは手術後、5~10%は再発すると言われている。椎間板には再生する力がなく、手術をした痕はふさがらない。穴が開いている状態なので、いずれ髄核が再び飛び出してくる。しかしPEDなら、穴は8ミリほどと小さいので、再発率も当然低い。「3%ほど」(出沢医師)だという。

 手術は多いときで1日4件。これまでの手術数は2600例を超えた。

「PEDの超小型カメラはまるで虫の目です。体内の様子が大きくアップで映しだされる。一方、その映像を元に病態全体をイメージし、手術を進めていきます。患者さんを俯瞰(ふかん)している感じなので、こちらは鳥の目といえるでしょう。手術では両方の目を駆使しています。全神経を集中させているので、終わった後はぐったりです(苦笑)」

 従来のヘルニア治療に画期的な進歩をもたらしたPED。難点は高度な技術を要することだ。ミリ単位の手先の動きが要求されるため、できる医師は全国でも約25人と少ない。出沢医師は専門の学会を発足させて勉強会を開くなど、技術の伝達にも力を入れている。

■脊柱管狭窄症も1時間で治す

 その一方、PEDの応用や適応拡大にも余念がない。PEDと同じ内視鏡と特別なドリルを組み合わせ、腰部脊柱管狭窄症の手術も近年は進めている。

 背骨には神経(脊髄)が通る脊柱管というトンネルがあり、骨の圧力や椎間板の突出などで脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症だ。手術では圧迫している骨などを削り、狭くなった脊柱管を広げていく。

 出沢医師はPEDで使う内視鏡の管に、1分間で8万回転する細いドリルを入れて骨を削り取っていく方法を編み出した。これは「PEL(経皮的椎弓切除術)」と呼ばれ、世界最小の侵襲手術として注目されている。こちらも傷口は小さく、手術は1時間~1時間半で終わる。患者のほとんどが数時間後には歩くことができるという。

「整形外科の疾患は命に直結するわけではないですが、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)が大きく低下します。旅行やスポーツが趣味だった人が、寝たきりになることも少なくありません。ただし、整形外科の疾患は手術で完治するものがほとんど。負担の少ない手術法で、一人でも多くの人を治し、楽しみを増やしてあげたいです」 

 そんな出沢医師の健康法は水泳だ。もともとはジョギングが趣味でフルマラソンも6回完走しているが、11年に首が痛くなり水泳に切り替えた。

「毎夜、自宅近くのプールで1時間ほど泳いでいます。全身の筋肉がバランスよく鍛えられ、血流も良くなるので体調はずっといいですね。あとはストレッチです。朝起きたときに『波止場のポーズ』をやっています。ふくらはぎがしっかり伸び、腰痛予防にもなります。オススメです」そう笑顔で話す出沢医師。目標は80歳まで整形外科医を続けることだ。

出沢明PEDクリニック院長 帝京大学溝口病院客員教授 出沢明医師 1980年、千葉大学医学部卒。横浜東病院整形外科医長、帝京大学溝口病院整形外科教授、副院長補佐などを経て、2014年にPEDクリニック開業
<実績> 合計手術数 約2600例(椎間板ヘルニア1800例、腰部脊柱管狭窄症800例)
関連記事
おススメサイト!
最新記事
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ