fc2ブログ
       

【女医ドル】“夏バテ対策”には胃腸を温めよう! 冷たいものばかりはダメ


まだまだ暑い日が続きますね。すでに夏バテ気味の方々も多いのではないでしょうか。今回は、夏バテ対策についてお伝えします。

 そもそも夏バテとは、夏の高温多湿の気候に身体がついていけず、さまざまな不調をきたした状態をいいます。最近では日本中にエアコンが普及し、室内と室外での気温差で、体温調節や血圧調節など、身体への負担がいっそう増しています。

 さらに、暑いからといって冷たい飲み物、食べ物をとってしまいがちですが、これは食欲低下、消化不良などの夏バテ症状を引き起こし、体力低下、だるさなどの不調につなががります。

 気温が高いと、身体中の血管は弛緩(しかん)しています。そこに冷たい飲み物や食べ物が入ってくると、胃腸の周りの血管が収縮し、胃腸の運動を妨げ消化不良となるのです。

そうなると、栄養の吸収が悪くなり、特にタンパク質の吸収が低下することで、だるさや脱水を生じやすい状態となるのです。

 つまり、冷たい飲み物や食べ物は、胃腸を冷やし、胃腸機能を低下させ、夏バテの要因のひとつなのです。そこで胃腸を冷やさないためには、どうしたらよいか。常温以上の温かいものをとりましょう。アイスクリーム、かき氷、氷を入れた飲み物は避けましょう。

 もし冷たい食べ物をとる場合には、食後に温かい飲み物を飲むようにすると胃腸機能の助けになります。

すでに胃腸が弱っている方は、消化のよい温かいもので、タンパク質を多く含むものをとるようにするとよいでしょう。具体的には、湯豆腐やホットミルクなどはオススメです。

 食欲がないからといって、冷たいそうめんなどで済ませてしまうと、かえって胃腸が弱って夏バテが悪化してしまいます。

 最後にひとつ、胃腸の弱った夏バテの方にオススメの漢方薬を紹介します。補中益気湯という漢方は、オタネニンジンやショウガなどの生薬を含み、胃腸を元気にし、体力を回復します。

さ湯で飲むと胃腸が温まりなお効果的です。病院やクリニックで処方してもらったり、ドラッグストアの漢方コーナーなどでも手に入りますので、参考にしてくださいね。

 ■米村美智子(よねむら・みちこ) 東京都出身。藤田保健衛生大学医学部卒業。同大学病院で研修医。同大医学部精神科入局を経て、精神科医。アンチエイジング学会員。ABCクッキング料理ライセンス。アメブロで『ほんわか女医ブログ』を更新中。『ミセスマートTV NEO』(テレビ埼玉など)出演中。(株)カロスエンターテイメント女医ユニット所属。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ