fc2ブログ
       

【女医ドル】失明原因第2位の「糖尿病網膜症」って?


 以前、日本人の失明原因の第1位は緑内障という話をしましたが、第2位はというと糖尿病網膜症です。糖尿病の方にみられる3大合併症(他に腎症、神経症)の1つで、網膜と呼ばれる眼底の薄い神経の膜が障害される病気です。

 長い期間、高血糖状態が続くと、網膜の血管が障害され詰まるなどで、網膜が酸素不足に陥ります。それを補おうとして、新生血管と呼ばれる悪い血管が生えてきます。この血管は大変出血しやすいという特徴があります。出血をおこすと、それを止めようとして、今度はかさぶたのような組織(増殖膜)ができます。これが網膜を引っ張ることで、網膜剥離(はくり)が生じることもあります。

 また、高血糖で障害された血管から、サイトカインや血管内皮増殖因子と呼ばれるものが分泌され、糖尿病黄斑浮腫(おうはんふしゅ)という病態を生じることもあります。黄斑と呼ばれるものを見る中心部分が障害されるため、急激な視力低下を起こします。

 糖尿病網膜症は進行程度によって、3段階に分けられます。単純網膜症と呼ばれる一番軽い段階では自覚症状もないため、定期的に眼底検査を受けないと気付かないことも多いですが、糖尿病黄斑浮腫を伴うと視力低下を引き起こすこともあります。

 次の段階の前増殖糖尿病網膜症は、かすみなどの自覚症状が現れ、新生血管が発生する前段階です。そのため酸素不足に陥った網膜に対して新生血管発生防止の目的で、レーザー治療を施したりします。

 最後は増殖糖尿病網膜症と呼ばれるもので、先ほど述べたような新生血管や増殖膜が発生した段階で、レーザー治療のほか、硝子体(しょうしたい)内注射、硝子体手術が必要になることもあります。

 もちろん治療の根本は糖尿病の血糖コントロールになります。しかし、必ずしも血糖値の改善と目の症状の改善が相関するわけでもないので、自覚症状のない時から、定期的な眼底検査を受けるようにしましょう。

 ■重城マイ(しげじょう・まい) 1979年、福島県出身。東京女子医大医学部卒。2004年、日本大学医学部研修医を経て、07年、東京女子医大精神科入局。09年、東京女子医大八千代病院眼科入局。4月から亀田総合病院勤務。特技はバレエ、ベリーダンス。協力・カロスエンターテイメント。
関連記事
おススメサイト!
最新記事
『忍者AdMax』
★★互助会推薦★★
QRコード
QR
カテゴリ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ