あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【冷え性対策】身体を暖める食べ物、冷やす食べ物
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

【冷え性対策】身体を暖める食べ物、冷やす食べ物 

●食材には陰陽がある

東洋医学の考え方では、食材には、体を温める「陽」のものと、体を冷やす「陰」のものがあるとされており、冷えを改善するためには、「陽」の食材を中心に摂ることが良いとされています。

ここでは、陰と陽の食材の大まかな考え方をご紹介していきます。

【陽の食材】
・寒い地域で産出されたものや冬が旬のもの鮭、りんご、さくらんぼ、ぶどう、ねぎ、にら、生姜、玉ねぎなど。

・色の濃いもの、暖色系(赤・黒・黄・橙色)のもの白ゴマよりも黒ゴマ、白砂糖よりも黒砂糖、肉ならレバー、魚は白身魚よりも赤身魚といったように色の濃いもの。小豆、ひじき、かぼちゃ、にんじん、ごぼうなどの暖色系の食材。

・味の濃いもの、塩分の多いもの味噌やしょうゆ、漬物、塩辛、佃煮など。

・水分が少なく、身が引き締まったものチーズや燻製、干物、ドライフルーツなど。

・地下でエネルギーを蓄えたもの根菜類やイモ類。

【陰の食材】
・暑い地域で産出されたもの南国産フルーツやカレー、コーヒー、チョコレートなどの暑い国の刺激の強い食べ物。

・夏が旬のものナス、キュウリ、トマト、ピーマンなどの夏野菜。

・寒色系のもの・色の白いものもやし、大根、タケノコなどの白い野菜、パン、スパゲティなどの小麦を使ったもの、牛乳、ヨーグルト、マヨネーズなどの乳製品。

・糖分が多いもの白砂糖や人工甘味料を使ったもの。

※陰の食材の中には、加熱調理をすることで陽の食材にかわるものもあります

●こんな食材も体を温める

食材の陰陽とは別に、体を温めるためには次のようなものも、積極的に摂りましょう。

【タンパク質】
タンパク質は、体内で作られる熱のもとになったり、熱を生み出す筋肉の材料になったりする栄養素。脂肪の摂り過ぎは、冷えの原因にもなるので、肉の赤身や白身魚、大豆製品など、高タンパクで低脂肪なものがオススメです。

【発酵食品】
ぬか漬けやキムチ、納豆などの発酵食品には、整腸作用があり胃腸の環境を整えてくれます。このため、胃腸での消化・吸収やその後の肝臓での分解がスムーズになり、効率よく体内で熱をつくり出せるようになります。

【刺激の強いもの】
わさび、生姜、唐辛子、ニンニクなどの刺激が強いものには、代謝を上げて血の巡りを良くする作用があります。ただし、摂り過ぎると胃を荒らして逆効果になるので、適度に取り入れるようにしましょう。

(この記事の監修: 丸茂医院 院長 / 丸茂恒二 先生)
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/02/18 16:22 ) Category ■女性の「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・下肢静脈瘤・経皮毒 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR