あなたの健康はお金で買えますか・・・? 【デキる人の健康学】カカオでボケ予防…チョコレートに認知機能維持の秘密
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

【デキる人の健康学】カカオでボケ予防…チョコレートに認知機能維持の秘密 

人口の高齢化に伴い認知症が急増している。誰もが、いつ発症しても不思議ではない病気で、「もし、自分がなったら」と考えたことのある人も多いことだろう。

 厚生労働省の報告によれば、2012年時点の認知症患者は、軽度者を含め約462万人に上る。予備軍とされる「軽度認知障害」の約400万人を加えれば、65歳以上の4人に1人が該当する計算だ。

 認知症の中でもアルツハイマー病は原因不明の神経変性疾患で治療法が確立されていない。最後は寝たきりで介護が必要になるので、大きな社会問題になっている。

 ココナツオイルが認知症の症状を改善させる効果があることを本コラムでも紹介したが、アルツハイマー病を予防する食材が話題を呼んでいる。

そんな中、カカオ豆から抽出したココアにアルツハイマー病を予防する効果があることがネズミを用いた実験で証明され話題を呼んでいる。

 米国ニューヨーク市のマウントサイナイ医科大学アイカーン医学部のジュリオ・マリア・パシネッティ教授はカカオ豆にはポリフェノールが豊富に含まれることに注目した。

 ラバードという製法でカカオ豆を精製して得られるココアパウダーはプロシアニジンというポリフェノールが豊富に含まれ強力な抗酸化能を示す。

 アルツハイマー病ではアミロイドaタンパク質が異常蓄積しシナプス機能を障害することにより記憶力が低下することが知られているが、博士がネズミの脳のスライス標本にココアパウダーを添加すると、シナプス障害が緩和されることが分かった。

 実際、ココアパウダーには試験管の中でアミロイドaタンパク質の異常凝集を抑制する効果が認められた。

世界で最も長生きしたフランス人、カルマンさんも120歳まで認知機能が保たれていたが、カルマンさんの好物だったチョコレートに認知機能維持の秘密があったのかも知れない。

■白澤卓二(しらさわ・たくじ) 1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。
1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授。日本テレビ系「世界一受けたい授業」など多数の番組に出演中。著書は「100歳までボケない101の方法」など100冊を超える。
関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/02/21 19:49 ) Category ■健康長寿・デキる人の健康学・過労死 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
お得な宿泊プラン情報
QRコード
QR