あなたの健康はお金で買えますか・・・? 寝不足でつらい日は「20分の睡眠」で仕事のパフォーマンスが3倍になる

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

寝不足でつらい日は「20分の睡眠」で仕事のパフォーマンスが3倍になる  

生産的な生活をする上でレム睡眠が重要だと知っている人は多いでしょう。レム睡眠が足りないと、短気になったり、効果的な仕事をすることが難しくなることを意味します。

脳科学のクリスティン・コマフォード氏は、毎日8時間の睡眠をとれていない場合に、気力を引き上げる方法を紹介しています。

20分間だけ睡眠を増やす

毎晩20分間睡眠を増やすことで、2、3倍仕事でのパフォーマンスを向上させることができます。20分間の睡眠を得るには、早めにベッドに入る、遅く起きる、20分の仮眠をとるのが良いでしょう。

または、「代用睡眠(瞑想、自分を振り返りながら歩くこと)」も良いです。10~20分の仮眠は非常に効果的です。ただ、頭がボーッとしないためには、20分後には起きるようにして下さい。

ストレスを抑える

慢性的なストレスは、脳の細胞にとって有害であるコルチゾールを増やすことになります。過度のストレスは、海馬を縮め、扁桃体が異常に活発になる可能性があります。

ストレスが増大すると、私たちは、ネガティブな記憶に支配されがちです。解決法としては、5分間の瞑想、リラックスするための簡単な運動、短い散歩、運動、または深呼吸をして、副交感神経システムを活性化させることです。

コマフォード氏は、レム睡眠が不足しているサインを見つける方法は、自分自身をよく観察することだと言います。普段よりネガティブな態度になったり、怒りやすい状態、不機嫌な状態になったり、物事を希望を持って見なくなったりすることも。

このような兆候があれば、20分間の休憩をとったり、その日のストレスを抑えたり、面白い動画を見たりして、ポジティブな感情を引き上げるのが良いそうです。
関連記事



( 2018/04/23 01:09 ) Category ■睡眠・不眠・眠気・いびき・歯ぎしり・睡眠時無呼吸症候群 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ
QRコード
QR