あなたの健康はお金で買えますか・・・? もしかしてプチ不眠かも!? 睡眠薬に頼らずぐっすり眠るには?

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

もしかしてプチ不眠かも!? 睡眠薬に頼らずぐっすり眠るには? 

疲れているはずなのに眠れない。ようやく寝つけたと思っても、夜中に何度も起きてしまったり。寝不足のために仕事中はぼんやりしていて疲れも取れない。病気ではないけれど、休日は疲れすぎてどこにもいけない……。

質のよい睡眠が取れないと、だんだんと疲労が溜まってしまいます。今回のQ子とR美は不眠症に悩む2人。漢方薬で対処することはできるのでしょうか?

Q子「ちょっとちょっとR美、最近睡眠不足なんだって? そういえば元気ないよね」
R美「あれ、なんで知ってるの?」

Q子「カン子先輩に聞いたんだよー。R美が不眠症っぽいって。実は私も夜眠れなくて、カン子先輩に相談してたんだ」
R美「えっ、Q子もなの? つらいよね~。昼間は眠いし、前より仕事に集中できなくて……」

Q子「私の場合はね、夜横になると胸がドキドキして寝つけないんだよね。昼間は睡眠不足のせいかイライラすることが多くて」
R美「そうなんだ。私もドキドキすることはあるなぁ。嫌なこととかを思い出して落ち込んで、ずっとそのことをベッドの中で考えてしまったり……」

Q子「それでね、カン子先輩に一度漢方薬を試してみたらって言われたんだ」
R美「えっ、漢方? カン子先輩ってよく漢方薬に詳しいみたいだけど、漢方薬が不眠症に効果あるの? 不眠っていうと、睡眠薬のイメージなんだけど」

Q子「私も不眠には睡眠薬のイメージがあって、でも何か睡眠薬は抵抗があってカン子先輩に相談したの」
R美「私、前に体調が悪かったときに内科で検査してもらったんだど、『大きな異常はありません』って言われて、それっきりだったんだよね。だから不眠とかも気のせいなのかなって思ってるんだけど……」

Q子「漢方薬は体質を見て処方されるものだから、病院で体に大きな病気があるって診断されなくても、不調があるなら相談に乗ってもらえるみたいだよ」
R美「そうなの? それなら行ってみようかな。今の状態が続くとキツいし」

Q子「だよね。善は急げだよ。行こう行こう!」
R美「(Q子、元気じゃん……)」

Q子「今、『Q子、元気じゃん……』って思ったでしょ」
R美「お、思ってないよ。行こう行こう」

そんなわけで病院に向かった2人。
診察していただくのはいつも通り丸山綾先生です。まずQ子から診察室に入りました。

Q子「こんにちは。不眠症の相談できました。疲れているのに夜全然眠れないんです。胸がドキドキしちゃって、昼間はストレスが溜まるし……」
丸山先生「お仕事、忙しいですか? 残業が多いとか?」

Q子「残業は日常茶飯事です。帰るのは早くても10時とか。まあ慣れちゃいましたけど」
丸山先生「それは疲れてしまいますよね」

Q子「でも仕事だからしょうがないんです」
丸山先生「仕事中もイライラしてしまうことが多いですか?」

Q子「そうですね。以前はPMSっていうか、生理前にイライラしたんですが今は生理前だけじゃなくて生理中も職場の人にあたってしまうこともあって、自分で自分をコントロールできない感じです。これと不眠症って関係ないですよね?」
丸山先生「まったく関係がないということはないでしょうね」

Q子「えっ、なんか曖昧な言い方……。漢方薬が処方してもらえるって聞いてきたんですけど?」
丸山先生「もう少し、体調についても聞かせてください。食欲はありますか?」

Q子「あまりないですけど。でも、もともと胃腸は強いほうではないし」
丸山先生「なるほど」

Q子さんの体質や体の悩みをまとめると…

・イライラすることが多く、眠れない。些細なことでキレやすくなった
・動悸がする
・何をしても落ち着かない
・自分でコントロールできない
・眠りが浅く、夢をよく見るようになった
・肩こりは常にある
・舌がやや紅い
・弦脈(脈が弓を張ったように固いこと)で細い

Q子さんの初診問診票はこんな感じです。あなたの傾向とは似ている? 似ていない?
関連記事



( 2018/04/25 13:31 ) Category ■睡眠・不眠・眠気・いびき・歯ぎしり・睡眠時無呼吸症候群 | トラックバック(-) | コメント(-)
カテゴリ
QRコード
QR