あなたの健康はお金で買えますか・・・? 3代続く!? 喫煙が孫の代まで及ぼす影響とは?

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

3代続く!? 喫煙が孫の代まで及ぼす影響とは? 

もしおばあちゃんがスモーカーだったとしたら、その孫(あなたの子供)がぜんそくを起こす可能性が高くなる。

しかも、あなたがノンスモーカーだったとしてもだ。その理由は遺伝子の変異にある。

●3世代にわたるタバコのたたり!?

L.Aにあるバイオメディカル・リサーチ研究所では、胎内にいるあいだにニコチンを与えたネズミの赤ちゃんを検査。そのネズミたちは明らかにぜんそくを起こすリスクが高かったという。

この研究での驚きの発見は、さらにそのネズミたちの子供を検査したところ、ニコチンの影響を受けていないネズミよりぜんそくにかかる率が高かったということだ。2世代目は胎内にいる時のみニコチンの影響下におり、

それ以降はニコチンとは無縁であったにも関わらずだ。

つまり、祖母が妊娠中に喫煙していると、その孫の母が喫煙していなくてもその孫はぜんそくにかかってしまうリスクが高い、と言うことだ。

南アフリカの病院での臨床調査Children’s Health Studyでは同じ現象を人間でも確認している。

●遺伝子構造の変異

その理由は遺伝子構造の後天的変異にある。

ニコチンは肺細胞だけでなく、胚芽(はいが)細胞にまで悪影響を与えるのだ。「つまり、妊娠中の環境要因は、これから誕生する子供だけでなく、その次の世代にまで影響を及ぼすと言うことです」とDr.ヴァイレンダー・レーハンは語っている。

学者は喫煙だけでなく、他の有害な要因も世代を超える影響を持っていると考えている。

関連記事



( 2018/05/24 08:35 ) Category ■二日酔い・アルコール依存症・禁煙・急性膵炎 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR