あなたの健康はお金で買えますか・・・? 怖いのは熱中症だけじゃない“真夏の脳卒中”四つの危ない兆候(1)

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

怖いのは熱中症だけじゃない“真夏の脳卒中”四つの危ない兆候(1)  

脳卒中といえば、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血の3大疾患を指すが、いずれも寒い時期に発症するイメージが強い。

しかし、厚生労働省研究班の調査によると、このうち、とくに脳梗塞については、気温の高くなる6~8月の暑い時期に発症するケースが多いことがわかった。その具体的な内訳は、脳梗塞が7割、脳出血2割、くも膜下出血が1割となっている。

 まず、脳卒中という深刻な病について説明しておこう。

 血管が破れる「脳出血」「くも膜下出血」、血管が詰まる「脳梗塞」の三つに分けられる脳卒中。

日本ではかつて脳出血が多かったが、大きな原因となる高血圧の管理が進み、栄養状態も良くなり血管が破れにくくなったことから、発症率の割合が下がった。
 しかし、それに代わって脂質異常や糖尿病の人に多い脳梗塞が増えているのが現状だ(現在は脳卒中の約60%)。

 脳梗塞はさらに、動脈硬化が原因で発症する「アテローム血栓性梗塞」、細い動脈が詰まる「ラクナ梗塞」のほか、心臓にできた血の塊(血栓)が血液の流れに乗って脳の血管を詰まらせることで起きる「心原性脳梗塞栓症」とに分けられる。
 東京多摩医療センターの脳神経内科の担当医はこう説明する。

 「小さな脳梗塞なら、一時的なマヒなど軽症で済む場合も多い。しかし、心臓でできた血栓は比較的大きいことから、これが脳の太い血管を詰まらせてしまう。

そのため心原性脳梗塞栓症はダメージが大きく、約2割が死亡したり、寝たきりや介助が必要になる人が約6割を占める実態があり、後遺症の問題も深刻になります」

 また、冒頭の調査が示すように真夏の脳梗塞が最も多い理由について、同研究班の関係者は、こう述べている。

 「脳梗塞の原因である血栓は、脱水状態になるとできやすい。夏の場合、発汗などによって水分が失われたままの状態で睡眠に入ることが増えるため、リスクが高まるのです。

寝汗をかくことで水分が減りやすくなり、血液の粘度が増して血塊(血栓)ができやすくなる。

すると、ラクナ梗塞、あるいは“アテローム梗塞”に陥りやすくなり、脳梗塞などを誘発するのです。汗をよくかいた暑い日には、夜寝る前にコップ1杯の水を飲むことが大切で、予防にも繋がります」

関連記事



( 2018/05/24 08:40 ) Category ■脳梗塞・脳出血・脳腫瘍・くも膜下出血 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR