あなたの健康はお金で買えますか・・・? 便秘で苦しいなら…まず5呼吸!「腰かけねじりのポーズ」で改善を
FC2ブログ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。
:::

便秘で苦しいなら…まず5呼吸!「腰かけねじりのポーズ」で改善を 

新生活に慣れず、「便秘になってしまった」という方はいませんか? 腸は健康の要。腸内環境が悪いと肌荒れや風邪、アレルギー、体臭……など、美容・健康面に大打撃です。

そこで今回は、ヨガインストラクターでビューティーフードアドバイザーの筆者が、便秘を悪化させるNG習慣と、改善するヨガポーズをお伝えしていきたいと思います。

■便秘を悪化させるNG習慣5つ

(1)不溶性食物繊維(繊維質な野菜、穀類、豆類など)ばかり摂る

(2)冷たいものばかり摂る

(3)運動不足・水分不足

(4)無理なダイエットをする

(5)便意を逃しがち・我慢しがち

心当たりはありましたか? これらの便秘によくない習慣は、今すぐ改めましょう。

次に、悪化してしまった便秘の改善に役立つヨガポーズをご紹介します。

■︎便秘でお悩みの方に…腰かけねじりのポーズがおすすめ!

鼻呼吸で5呼吸がポイントです。

腰を落として腹部を刺激する“腰かけねじりのポーズ”は、内臓の働きを活発化させるのに効果的。下記の手順に沿っておこないましょう。

(1)両足を揃えて立ち、胸の前で合掌をする。

(2)息を吐きながらヒザを曲げて、腰を落とす。お尻をうしろに引くようなイメージで。このとき、つま先よりも前にヒザが出ると、痛める原因になるので注意。

(3)息を吸って背筋を伸ばし、息を吐きながら上半身を右にねじる。左ヒジを右ヒザの外側にあてて胸を開き、視線は天井。5呼吸キープしたら、反対側も。上の写真を参考にしてみてください。

以上、新生活などでお疲れ気味の、腸の不調を改善する方法についてお話しました。「お腹がスッキリしない」というみなさん、ぜひ日々習慣にして、ポーズを取ってみましょう。

関連記事

◆安心・安全なサービスへ!さらに豊富な機能がすべてのプランで使えます
◆病院 リハビリセンター 美容院 飲食店、グーペで決まり!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
( 2018/06/16 22:43 ) Category ■便秘・痔・膀胱炎・下痢・便失禁・過敏性腸症候群 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR