あなたの健康はお金で買えますか・・・? 悪玉や善玉、高いコレステロール値…どれくらい気にしなきゃダメ?

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

悪玉や善玉、高いコレステロール値…どれくらい気にしなきゃダメ? 

◆コレステロールの正常値とは?
一般に善玉(HDL)コレステロールの正常値は男性で40mg/dl~60mg/dl、女性で45mg/dl~65mg/dl、

この数値未満の場合は低HDLコレステロール血症とみなされ、LDL(悪玉)コレステロールの正常値は男女共に70mg/dl~120mg/dl、140mg/dl以上の場合を高LDLコレステロール血症とみなされます。

検診の結果、コレステロールが高いと診断されたのであれば、何らかの治療や改善策を講じる必要があるのですが、どんな措置が適切かはコレステロール値以外の動脈硬化に繋がる危険因子がどれだけあるかに関係してきます。

◆高コレステロール血症の原因と治療にはどんなものがあるの?
まず遺伝が原因である家族性高コレステロール血症の場合ですが、この原因には生活習慣が関係していないため、すぐに薬物療法から入ります。

血中脂質やLDLコレステロールを下げる薬やHDLを上げる薬など、医師が適切と判断した薬を服用しなければなりません。

一方、遺伝性でない高コレステロール血症で、危険因子が大きいとみなされた場合には、コレステロールの多い食品を避ける、食物繊維を沢山食べるなどの医師の指導に沿った食事療法を行います。

また並行して薬物療法がとられることがあります。

例えば男性で高血圧や糖尿病なども併発しているときは動脈硬化の危険は高まりますから、ある程度薬によってコントロールすべきと判断されるでしょう。

◆数字は決して万能ではない
しかし逆に高コレステロール値であってもそれ程気にする必要のない場合もあります。

特に女性は、女性ホルモンであるエストロゲンのHDHコレステロール増量作用のおかげでLDLコレステロールを活発に代謝させることができるため、男性と比べるとコレステロール値や中性脂肪値が安定傾向にあります。

40代までの女性で他に生活習慣病などの危険因子がないのであれば、健康的な生活を心がけるだけで特にこれと言った対策をとる必要はないと言われています。

ただしエストロゲンが減少する更年期時期に入ると、男性と同じように気をつけなければなりません。

関連記事



【地震対策は勿論】雨どい、排水管、屋根など戸建のメンテナンスなら業界最安値

( 2018/06/24 15:54 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR