あなたの健康はお金で買えますか・・・? 「体脂肪」と「中性脂肪」の違いって? 数値を下げるor上げてしまう食生活とは?

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

日本の名医・日本の病院の実力・糖尿病・高血圧・血糖値・最新の癌治療・うつ病・認知症・アルツハイマー・男性更年期障害・乳がん・子宮頸がん・卵巣のう腫・子宮内膜症・「冷え」足のむくみ・女性ホルモン・尿もれ・など今すぐに役立つ情報を毎日配信します。

「体脂肪」と「中性脂肪」の違いって? 数値を下げるor上げてしまう食生活とは?  

健康診断の結果で、数値が高いとよく注意される「中性脂肪」や「コレステロール」「体脂肪」。これらはいったいどんなものなのでしょうか?また、どんな食生活を送っていると増えるのか、減らせるのか?生活習慣病を防ぐ食生活の基本を解説していきましょう。

◆「中性脂肪」「コレステロール」「体脂肪」の役割とは?

●中性脂肪
食物から摂取された糖質や脂質は、小腸から吸収されて肝臓で中性脂肪に合成され、血液中に入り全身のエネルギーに利用されます。しかし、使い切れず余った中性脂肪は内臓や血中など、身体の各所に貯蔵され蓄えられます。

健康診断の血液検査で測られるのは、血中の中性脂肪率です。150mg/dl以上と過剰になると、血流が悪くなるなどして、動脈硬化の危険も出てきます。

●コレステロール
脂質の一種で、エネルギー源にはなりませんが、ホルモンや胆汁酸の材料となり、主に細胞膜を構成している大切な要素です。2~3割が食物から取り入れられ、7~8割は糖や脂肪を使って肝臓などで合成。その量は体内でうまく調整されているのが普通です。

しかし量のバランスが崩れて血中の値が高まると異常をきたします。とくに健康に悪いとされているのは、LDL(悪玉)コレステロールです。これが増えすぎ、また活性酸素などで酸化されると、血管壁を傷つけたり、動脈壁に溜って動脈の内径を狭く硬くしてしまうのです。これを「動脈硬化」と呼んでいます。

●体脂肪
一般的にわたしたちが「体脂肪」と呼んでいるのは、皮下脂肪、内臓脂肪、血中脂肪、細胞膜を構成する脂質など、身体についたすべての脂肪の総称です。

とくに危険視されているのは内臓脂肪であるため、「体脂肪率」が高いからといって、必ずしも健康障害につながるという診断は下せません。

しかし、内臓脂肪の蓄積にほぼ比例する腹囲が基準値を超えれば、生活習慣病のリスクが高まります。この診断を行うために取り入れられているのが、「メタボリックシンドローム」検査です。

◆「中性脂肪」や「コレステロール」はどんな食生活で増えるのか?
中性脂肪は、糖質の多い食事やアルコール、脂肪の多い食事などの過剰摂取によって増加します。

生体内に貯蔵できる糖質の量(肝臓に6%、筋肉に0.5~10%程度)は限られており、毎日の食事から摂取する糖質(砂糖、お菓子、果実に含まれる果糖、パン、うどん、ご飯など)が過剰になった場合、体内に糖質として貯蔵できず、中性脂肪に生合成されて蓄積されることになります。

肉やバターなどの動物性脂肪を含む食品や、卵や魚卵、レバーなどの食品は、LDL(悪玉)コレステロールを増やすので控えめにしましょう。

◆中性脂肪、LDL(悪玉)コレステロールを減らすには?
食事と運動の両面から生活を見直すことが大切です。

<食事療法>

●摂取エネルギー量を適正にしましょう

●食物繊維を積極的に摂りましょう

●不飽和脂肪酸を多く含む青魚を積極的に摂りましょう

●中性脂肪値を下げるには、砂糖、果糖、アルコールを控えましょう

●LDL(悪玉)コレステロール値を下げるには、動物性脂肪を控えましょう

特に魚油に多く含まれる不飽和脂肪酸の摂取が、血液中の脂質改善に加え、血圧低下、抗凝固作用、血管内皮機能の改善などをもたらし、冠動脈疾患(心臓に血液を供給する冠状動脈において血液の流れが悪くなり、心臓に障害が起こる病気の総称)の発症を抑制することが報告されています。

<運動療法>

●中性脂肪はエネルギー源として消費することで減らせます

定期的に適度な運動を心がけることがもっとも取り組みやすく、中性脂肪を減らすのに有効な対策です。

ウオーキング、自転車こぎなどの有酸素運動をゆっくりと続けることで全身の血行をよくすると、糖質の代謝がよくなります。1日30分以上、週3日以上のペースで続けられる運動習慣をつくりましょう。

運動をする時間を作るのはなかなか難しいという人は、ひと駅歩きや、積極的な階段の利用などで「ついで」に運動することを心がけてみましょう。少しの心がけでも日々の蓄積で驚きの効果を見せます。張り切って取り組むより、長続きする秘訣かもしれませんね。

●執筆者プロフィール:田口絢子(たぐち・あやこ)
茨城県生まれ。管理栄養士、糖尿病療養指導士、ソーシャルスキル協会認定健康栄養カウンセラー。都内4か所の病院で給食・栄養管理経験を経て独立。栄養相談、献立作成、食と健康に関する記事の執筆、栄養学翻訳などを行っています。

関連記事



【地震対策は勿論】雨どい、排水管、屋根など戸建のメンテナンスなら業界最安値

( 2018/06/24 15:56 ) Category ■健康診断・コレステロール・人間ドック・遺伝子検査 | トラックバック(-) | コメント(-)
最新記事
QRコード
QR